フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

高音域

おそらく一番分かりやすい確実な高音域の鳴らし方

なんと、昨日は過去最高のアクセス数を記録しました。

びっくりします。
過去最高といっても、そんな誰もが驚くようなとんでもない数字ではなく、個人ブログならとりあえず合格点というくらいの水準ですけどね。

 
フルートで最初につまずくのが、高音の発音です。
高音域じゃありませんよ。高音です(笑)

ラでもシでもいいんですが、五線の中にある低音域と、五線の上に出た中音域では運指が同じで、息だけでオクターブを変えないといけません。

これが最初は分からないんですよね。


先に言っておくと、私はこれが「最初からできちゃったパターン」で、中音域、高音域はそれほど苦労した記憶がありません。

「高音域は難しいですよ」

と、言われてやってみるとそれなりにできたし、他の人が高音は難しいと苦労しているのを聞いていて、何が難しいのだろうと思っていたわけです。


一番まずいパターンです。

ダメなですよね。
「何かよく分からないけどできちゃった」というのが一番よくありません。

何でもそうですよね。
仕事でも、やったら理屈は分からないけどできちゃったという人がいるんです。こういうのが一番危ないのはあなたも分かるんじゃないかと思います。

どうですか。
身に覚えがあったりするでしょうか。


過去にレッスンで、先生にも聞かれたことがあります。
楽器経験のない新しい生徒が高音の発音に苦労していて、一番最初はどんな感覚だったかという質問を受けたことがあります。

書いている通りで、なんかよく分からないうちにそれらしい音がちゃんと出るようになってしまったので、感覚が分からなかったわけです。


どうでしょうか。
高音域はやっぱり難しいでしょうか。

これ、私も割と最近まではっきりとしたイメージを持っていませんでした。

だから、「温かい息」とか「冷たい息」という感覚論でだけ覚えていました。
これも最初はそんなことを意識していなかったので、「低音は温かい息」と言われて、それは確かにそうかもしれないと後付けで認識したような感じです。

しかしどれだけ温かい息にしたところで、出ないものは出ません。
どれだけ冷たく凍えそうな息を使ったところで、高音は思うように出てくれないかもしれません。

出たとしても、必ずしも満足のいく音質じゃなかったりするんですよね。


ところが、先日思わぬところから、これに対する見事な「解」を見つけてしまいました。

どうですか。
知りたいですか?


気になりますよね(笑)


私もこれを聞いて、すぐに納得できました。

さてその「解」です。
どうやったら高音を確実に鳴らせるのか。

それは、


息の帯を細くすること


です。

同じ運指で、まず低音域の音を出します。
ラとかソがいいかもしれません。

その状態で、意識的にあごの位置や吹き込みの角度を変えたりせずに、唇を絞って徐々に息の穴を狭めていくんです。
穴が狭くなると、穴を通過してできる息の帯の幅は狭くなります。


これは知っている人も多いかもしれません。
最近何度も話に出している、「タファネル&ゴーベール 完全なフルート奏法」にはっきり書いてあります。

私はもう教則本マニアかというくらいに教則本を読みまくっていますが、これ以上に明快な説明をまだ見たことがありません。


すごくないですか。

今まで「茹であげもっちり生パスタ」だった息を、「乾麺状態の冷や麦」みたいに細く絞るだけでいいんです。
実際やってみても、確かにその通りに高音が出るようになります。

外向きにとか内向きにとか、速い息とか遅い息とか、変なことを考えなくても、これだけで十分変わります。
「速い息」とか、「冷たい息」と言い出すと、とにかく高速な息を送らないといけないと考えてしまうんですよね。

そうなるとどんどん吹き込む息の量が多くなり、やればやるほど音はカッスカスになります。
 

息の穴を絞ることは、これ以外にもメリットがあります。

これはまた別の機会に・・・ 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

最も難しいのは中音域か

先日のアンサンブル練習では、思ったより中音域が鳴りませんでした。

個人練習でやったときは、見事なまでに美しい音色で中音域の音が出ており、自分で惚れるほどでした(笑)。
しかし、レッスンとアンサンブル練習では同じように出ませんでした。

確かに、個人練習のときと違い、事前に低音域の練習を十分にできたわけではありません。


高音域は、音程のよしあしはともかくとして、音色感で言えばほぼ思ったとおりの音色が出せるようになってきました。
そして、それは体調によって変わることはあまりなく、たとえば練習開始直後であってもそう苦労することなく出ます。

低音域は、最近かなり苦労しましたが、スタッカート練習によってかなり改善の兆しが出てきました。


それに比べて中音域はどうでしょうか。
はっきり言ってかなり不安定です。

ちゃんと鳴らすのが最も難しいのは、中音域なのかもしれません。
ドやレ辺りは、油断していると濁った音になり、美しい音とは程遠いひどい音色になります。


どれが簡単というのはないのでしょうが、今の感覚では、最も難しいのは中音域です。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン 2012#3 高音域の音色が薄い件

livedoor ブログの iPhone アプリを使って記事を書いていました。
スマートフォンでは、このようなアプリを使うことで、隙間の時間を活かして書きたいときにブログを書けるのが便利ですね。

中断していた記事の続きを書こうと思ってアプリを開きました。

作成途中の記事画面が出てくるかと思いきや、なぜかメニュー画面です。

何となく違和感がありましたが、記事作成を選択して記事画面に入らないと復元しないのだろうと思い、特に何も考えずに記事作成を選びました。



真っ白い画面が現れました。



どうやら、ブログのアプリを待機させて別のことをやっている間に、このアプリ自体が落ちたようで、見事に記事が消し飛んでいました。もう跡形もありません。

そもそもこのアプリで記事を書いていたのかどうかを忘れてしまうほどすがすがしく消えています。


こういうのは本当に良くないですね。
スマートフォンのアプリとしては完全に失格。他のブログサービスのアプリでは、アプリ内でちゃんとバックアップされるので、書いていた記事が途中で消え去るなどと言うことはまずありません。

ブログを書いていると、こういうことは何度もあります。
その経験から、PC で書くときは、テキストエディタで下書きするようにしているのですが、つい便利さに負けてこの手の準備をしていませんでした。

この手のトラブルは、文章を書く意欲を強烈に殺ぎますね。


今日はレッスンでした。

今週は一切個人練習をしていないので、レッスンぶっつけです。

レッスンはいつもどおり(?)、先生との会話に時間を費やしたため、楽器を使う時間は大幅に短縮されました。おかげで、気になっていたアルテスは今回は見事に回避できました(笑)。

ソノリテを使って、最近の目下の課題である、低音の克服について検討。
相変わらず音量は出ないものの、以前よりオクターブ上がりになってしまう件は減少し、少しずつ安定に向かっているようです。

そして今度は高音。
高音域は特段問題がなかったので気にしていませんでしたが、ミの音がなぜか他の音と比べて薄く、レッスン中にしばらく悩みました。内向きに吹きすぎているようだと言われ、やや外向きに構え直して吹き込むと、確かに改善が見られました。

思う音にならないあまり、一点だけを妄信的に見て悩んでいたのかもしれません。


次回は不安なくアルテスを見てもらえるようにしたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

フルートは心理状態が反映される楽器

早くもネタ切れ気味です。


ここ数ヶ月の間ずっとうまく行かないのが、「低音」です。

低音がうまく出せないのは今に始まったことではありませんが、気にしすぎなのか、レッスンになると特に出づらくなります。

見事にオクターブが上がってしまいます。
一回こうなるともうダメで、しばらくは安定しません。

どんどん悪循環になっていき、送る空気の量もか細くなっていくのが自分でも分かります。

自信がないので息も安定せず、息の量もいい加減になっていくのです。
そしてそのか細い息のおかげで、どんどん音量が小さくなってしまう・・・


個人練習では、「バリバリ」というような擬音の似合う強い低音を安定して出せることもあって、レッスンでこれが出ないことが続くと、さらに気になってしまいます。

フルートというのは、心理がかなり影響する楽器ですね。

いつでもどこでも、安定した音を出せるように持っていくのが本当の練習なのでしょう。
一人でやっている練習だけうまくいっても仕方がないので、いつどこで発音してもしっかりした音が出せるように、まず自信を持てるようにしたいですね。


打って変わって、高音域は絶好調です。

まさに、いつどこで吹いても、ほぼ同じような音が出せそうです。
レッスンでも「高音はいいのにね」という有様。

高音域を吹いているときは、確かに何の躊躇や不安もありません。
この心理状態を低音域にも持ってこないといけません。

難易度的には低音のほうが難しいはずなので、決して高音域と同じようには語れないのでしょうが、心理面は同じくらいのところまで持っていくようにしたい・・・


明日はレッスンです。
年が明けてから、まだ一度も練習していません。

もしかすると、レッスン中の心理状態も演奏で先生にバレていたりして。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ