フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

練習方法

口の中を開けるという言葉の正体

こんばんは。

実は最近は教則本や資料の類を全然読んでいないので、話のネタがあまりありません。
もうちょっとバンバン更新したいんですけどね。

資料集め自体はずっとやっているので、未消化の資料がどんどん溜まっていっています・・・


ああ、そういえば、何とこのブログ、「フルート ブログ」で検索したら、Googleで4位になっていました。
上位3位は全部ランキングサイトなので、フルートのブログを単純に検索した場合、一発目に来ることになります。

一発目に来る割には、そこまでアクセスがあるわけではありません。
最終的にこのブログも月間100万PVくらいまで引き上げてみたいですね。

そうしたらどういう世界になるのか・・・


私は、ほとんど毎日に近い頻度で、朝にフルートの練習時間を作っています。
自分のオフィスで誰もいない時間帯に吹いているんですが、窓の外を見る限りでは、誰も気づいていません。

まだ、窓の外にまで届くような音にはなっていないということですね。

窓の外に届くようになってしまったら、それはそれで練習環境がなくなってしまうので困るのですが、当面その心配はなさそうです。


ここでケノンをずっと吹き続けているわけですが、求める音色になるのは、なぜかいつも練習を終える直前です。

稀に序盤から求める音になっていることがあるにはあります。でも本当に稀です。
これが少々ストレスの元なんです。


そして気がつくと、結構息を入れているんですね。

焦れば焦るほど、余計なことをしてしまうようです。


これは本当にウォーミングアップをしないと鳴らせない体質なのかと思い始めてきましたが、今日いつもと同じように練習していて新たに気づいたことがあります。

やはり今日も、練習時間の終わり頃になってから、ようやく鳴り始めました。
誤解してほしくないのですが、フルート自体はいくらでも鳴ります。

私がこの楽器で欲しいのは、木管楽器の音なんです。
普通はこれを不断の練習の末に感覚を得て自分のものにするところまで持っていくだと思いますが、まだそこまでの練習量をこなしていないのです。

あるポイントを捉えて条件が揃っているときにだけ、妙な音が鳴るんです。
これが楽しい。


ただ鳴らすだけならいくらでも鳴りますが、相変わらず味のしない音しか出ませんから、どうにかこうにか試行錯誤しながら、毎回その感覚を探ります。

今回の練習中に、ふと思い出したことがあります。
意図している音が出ているときは、吹いている感覚ではないということです。

息をどこに、どのくらい、どう吹き込む、などということをいちいち考えていないのです。
全く考えていないわけではありませんが、そのときはただ気持ちがいいので、そういう細かいことは考えていません。

鳴っている音とイメージしている音の一致を楽しんでいるような感覚です。


ケノンで練習していてもう一つ分かるのは、口の中の空間をかなり開けないとまともな音で鳴らないことです。
私は口腔内が小さいからか、考え得る限界まで広げています。


これは昔からよく聞いていた話でした。

「口の中を開ける」

よーく聞きますね。
私もこれは、何人にも言われましたし、本やブログに書いてあったのを読んだ覚えもあります。

自分でもその重要性は分かっているつもりでしたが、本当に大きく開けないと音色にならない楽器でようやく感覚が分かったような感じです。
これって歌っているときと同じなんですよね。

 
ここまで来ると、「歌(声楽)が有効」という話にも合点がいきます。

楽器を持たずにやる練習として、日頃から口の中に空間を作る訓練をするのは結構いいかもしれません。(私はまだやっていませんが)


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

大人と子供で決定的に違う、効果的な練習の仕方(2)

こんにちは。


今日は、お待ちかね・・・かどうか分かりませんが、先日の記事の続きを書きます。

大人と子供で決定的に違う、効果的な練習の仕方


この記事、意外と人気があるみたいで、他の記事よりもかなり多く読まれているんですよ。


前回は、練習をしていくうちにハードルが上がっていき、苦行になりがちな練習を漫然とやってしまい、上達しないスパイラルに陥るという話をしました。

あなたはどうだったでしょうか。
今どんな状況でしょうか。

やはり漫然と練習するようになり、なかなか上達しないと悩んでいるような状況でしょうか。

もしそうであれば、今日のこの話は、あなたの練習ライフに大きく役立つものになると思います。


練習を上達のためにやり続けられるのは、実は子供だけだったりします。

このことに気づいていない人が多いんです。
知っていたでしょうか。

多分、知りませんでしたよね。
私も知りませんでした。

練習を、「うまくなるため」にやり続けられるのは、子供だけなんです。
子供だけです。

もうちょっと正確に言うと、子供のうちは「うまくなるため」という理由すら要りません。
理由があろうとなかろうと、練習し続けることができます。

むしろ、理由そっちのけで練習していました。いや、させられていました(笑)


実際に多いと思いますよ。
子供のころからスポーツや楽器の演奏などをずっとやっている人は、子供のときに理由があってそれをやっているわけではないケースがかなりあります。
親から言われて「やらされていた」というのがかなり多いですね。

勉強もしかりです。
自分から勉強したいと思って勉強をし続ける子供もいることはいますが、少数派です。

子供に何かをやらせるのに、理由を説明しても意味がありません。
やれといってやらせるか、何か別のことで釣ってハメるしかありません。


子供のうちは上達が早いので、それが本人に向いていれば、意味も分からずやっているうちにうまくなっていきます。うまくなれば、練習が苦ではなくなります。


しかし大人になると違います。
子供と同じように自分を当てはめてやっていると、いつまで経ってもうまくいきません。

大人には大人のための練習方法があるわけです。

どうですか。
ちょっとピンときましたか。


さきほど、「子供のうちは「うまくなるため」という理由すら要りません」と言いました。

これです。


大人は、理由がいるのです。
練習するのに、何かをやろうとするのに、明確な理由が必要です。

これを知ると、何でもできるようになります。


子供とは違うわけです。
理由なくやれる子供と、理由が必要な大人とでは、当然練習のアプローチも変わります。

子供のときは、大して何も考えずに練習に打ち込むことができました。
そして上達すればそれはそれで手応えがあったわけです。


でも大人はまず、何も考えずに練習すること自体が難しいので、漫然と練習していると全然上達しないわけです。
上達しないから、練習が苦行になって辛くなるのです。


じゃあ、どうしたらいいのか。

簡単です。

まず、何のために練習をするのかをはっきり考えることです。
これをやる人はなかなかいません。

だから、やれば確実に他人との差が出ます。


何のためのその練習をするのか。
何のためにフルートの練習をするのか。
そもそもなぜフルートの練習をしたいのか。

こういうことをちゃんと考えることで、明確な動機付けができていきます。

これは逆に子供ではできないことです。


大人が子供に勝つ唯一の方法と言ってもいいかもしれません。

効率的に練習して、確実に上達したいのであれば、まず楽器を持って練習に臨む前に、なぜその練習をする必要があるのか、考えてみてください。

タファネル&ゴーベールの日課練習を、なぜ今やるのか。
ソノリテを何のためにやるのか。

当たり前ですが、「うまく吹けるようになりたいから」というのは理由じゃありませんよ(笑)

これで動機付けができたら、誰も苦労しません。


もっと強烈な動機付けになる理由を作ってください。
探してください。

これはフルートの練習以外でも使えます。
仕事でも何でも当てはまりますよ。

何かをしようとするとき、なぜそれをするのか、瞬間的に答えられるような明確な理由を作ってください。
これだけで、あなたの練習の濃度と効果は飛躍的に上がります。

これは子供には真似できません。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

漫然と時間を費やしていることに気づかない恐ろしさ

ブログのエントリーの投稿時間がかなり遅くなってしまいました。

今日はレッスンでした。
発表会が終わってからの初レッスンですね。


木曜の練習で低音域が見事に出なくなっていたので、レッスンの事前練習で徹底的に低音域を鳴らすようにしました。

E♭までは出るので、E♭と D を交互に鳴らし続ける練習をひたすらやって感覚を定着させることに。

たかだか 30 分程度では完全な定着はできないでしょうが、たとえこの練習時間内だけでも、思ったように鳴るのは心地が良いもので、とにかく覚えることにしました。

低音域の D は、鳴るときはちゃんと発音できるので、やはり楽器の問題という訳ではなさそうです。


この「鳴り」のイメージを記憶と身体に定着させて、いつでも再現できるようにしましょう。

最近の練習のテーマは、「定着」と「再現」です。
ブログの積み上げを見ても分かる通り、練習時間の蓄積量はそれなりになってきましたが、その蓄積が単なる時間記録の蓄積にしかなっていない意識があり、これを何とかしないといけません。

漫然と練習時間をこなしていくのではなく、1コマずつの時間を血肉にしていかないと無駄になってしまいます。


レッスンでは、発表会の評価とソノリテを使った発声練習です。

レッスンも最近は発表会のおかげで曲練習ができていましたが、特に克服したいテーマを設定している訳でもなく、何となくソノリテとアンサンブルの曲練習などを見てもらって、コマ数だけを消費しているような感じがしないでもありません。


練習にはもちろんですが、レッスンにも目標やテーマを自分で設定する必要があるのかもしれませんね。

レッスンに行くのが面白くて仕方がないと思えるほどのテーマです。

気がつくともう年末が迫ってきています。
フルートを始めてから 5 年くらい経っているのですから、これまで蓄積した練習時間がちゃんと血肉になっているのかを考えると恐ろしいものがあります。


稲盛氏の名言にこんなものがあります。

いまこの1秒の集積が1日となり、その1日の積み重ねが1週間、
1ヵ月、1年となって、気がついたら、あれほど高く、
手の届かないように見えた山頂に立っていたと、
いうのが私たちの人生のありようなのです。

- 稲盛和夫
稲盛和夫 名言 - Fesh


本当にそのとおりで、1つずつを適当に過ごしていたのでは、それが積もってできる結果にも多大な影響を与えてしまうということです。

気をつけなければ・・・。


明日は楽器の調整会です。
このところほとんど出番のない、前の楽器の調整です。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

部分にフォーカスしすぎることの弊害

面白い記事を見つけました。


音楽教育にどう取り組むか。- Concerto House Home Page


今は低音域が安定して鳴らせないことが気になり、とにかくこの低音域を克服するための練習を重点的に行っています。

練習時間は限られているため、しばしば練習がこの低音域練習でほとんど終わってしまうこともあります。

今回は低音域が問題で低音域にばかり目を向けていますが、このある特定の「部分」にだけ注意を向けることは、他の問題でも結構やってしまいます。


生徒が幼い場合や、初歩の段階で、弾くテクニックを完成させる練習を強制させると、生徒は弾くことの興味が萎えてしまうのです。まずは、今練習している楽曲の中で何が価値があるのかを見つけ、それを、今自分が持っている能力で限りなく豊かに表現してみることの方が優先されなくてはならないでしょう。
部分を強化するというやり方は、けっして間違いではありません。効果においては即効性があって、即、実用的だからです。しかし、全体のバランスを考えないで行えば、しばしば全体を弱体化させるという矛盾もはらんでいるのです。

初歩の段階で、とくに生徒が幼い場合、演奏に完成度をあまりにも高く求めるのも問題があります。リズムや音の部分的な歪みは、この段階では些細なことで、初めに音楽の大きな流れや、楽しさ、美しさを掴むことの方が優先されなくてはならないでしょう。

音楽教育にどう取り組むか。- Concerto House Home Page


そのとおりだと思います。

私も曲の完成度や音程の正確さを優先的に考えてしまいます。
場合によっては、それが自分の中の基準を満たさないことが原因で、すべてうまく行かないと思い込んでしまうこともあります。

これはレッスンでそのように教わっているわけでもなく、ただ自分で一方的にそう思い込んでいるのです。


音程が正確であること、演奏が正確であること(ミスがないこと)、音質が十分であることなど、個別の問題を強く意識しすぎると、本来身に付ける必要のある音楽性や演奏の楽しさを理解することを阻害してしまいかねません。


これはよく考えてみると、レッスンそのものにも当てはまります。

レッスンでも、知らず知らずにうちに音程の正確さを気にするあまり、肝心の音が鳴らなくなるというような現象は結構な頻度で経験しています。

趣味でやっている音楽のレッスンなのですから、無理に自分を追い詰める必要はないわけです。


何か弱点を見つけて、それを克服するためにその部分を取り出して集中的に補強するというのは大事だと思います。

現にこの方法でいくつも改善を体感できています。


しかしそういうことでもなければ、特定の部分に注意を向けるよりも、全体を総合的に見ながら練習していくほうがよさそうです。

特定の部分はいつでも強化できるわけです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

10回連続で同じ結果を出せるようになって、実力と呼べる

低音域を確実に習得する方法について模索しています。


ブログをしばらく更新していませんでしたが、今も新しいフルートで練習に明け暮れています。

相変わらず低音域が非常に鳴らしづらく、ちょっと気を抜くと出ないというレベルではなく、かなり意識していても出ないのです。

低音域はそれほど苦手だとは思っていませんでしたが、それでもドやレ辺りの最低音域は前に使っていた楽器でも得意という状態ではありませんでした。

実は来週、通っている教室の発表会に出ることになっています。
ヴィヴァルディの「ごしきひわ」の第 2 楽章を演奏するのですが、参加しているアンサンブルチームのメンバーが参加してくれることになり、アンサンブルとして出演することになりました。

今回はこの新しい変わり種フルートを使って出るので、音程と音質を何とか安定させないといけません。

土曜日、久しぶりに練習室を借りて一人でこもって練習してきました。


練習を開始すると、毎回最初はこの低音克服のための練習から始めます。

本当に絶望的なまでに低音域が鳴らないので、とにかくこの克服は急務なのです。
毎度漫然と練習することになって結局解決しないので、今回は少し明確にやり方を考えながら練習してみることにしました。


原因を探る


そもそもこの楽器で低音が出にくい理由は何なのでしょうか。

先生に吹いてもらうとちゃんと音が出るので、少なくともトーンホールが塞がっていないなど、楽器に問題があるわけではないようです。

自分で吹いても、全く出ない訳ではありません。鳴るときはなります。しかし、そのポイントが極めて狭く、以前の楽器と比べ物にならないほど丁寧に吹き込まないと、すぐに中音域に跳ね上がってしまうのです。

先生によると、楽器自体の特性も多少はあるようで、かなり下向きに吹き込むイメージを持って吹かないと鳴りにくいのだそう。しかし、私の感覚では、安定的に鳴るときは下向きには吹いていません。

むしろ、中音域と同じで真正面に吹く感覚で、作る空気柱をかなり細くするイメージで吹き込んでいます。


ソ→ソ♭→ファ→ミ→ミ♭→レと下りながら低音域を発音すると、レはかなりの確率で跳ね上がります。
ミまでは安定的に出ますが、ミ♭やレになるとダメです。

レッスンでは特に顕著で、場合によってはミ辺りからすでに出にくくなっていきます。
ここで気になるのが、音の大きさです。

下れば下るほど、どんどん音の大きさが小さくなっていきます。
これは自分でも明らかに分かるレベルで小さくなっていて、ミ♭やレになると、意識的に音を鳴らしているというより、わずかな空気の流れが辛うじて音になって出ているという感じで、自分以外には聞こえないのではないかと思うほどの音量です。

ここから分かるのは、低音域になればなるほど、息の量が少なくなっているということです。

これはソから始めずに、ミ辺りから吹き始めたとしても変わらず、か細いままです。


息を安定的に入れる


このフルートは、以前の楽器と違い、吹き始めてかなり時間が経たないと満足のいく音量が出ません。

おそらく、発音に必要な息の量がちゃんと出ていないのです。

さらに意図した音を出しにくかったり、音程が安定しなかったりするので、無意識に唇で調節しようとするようになっていて、これが原因で息の量も少なくなっているわけです。

そこで、また例の「タンギングせずに腹圧だけで息を空気を送り込んで発音する」練習を繰り返すことにしました。

これは以前は中、高音域のみでやっていましたが、低音域でもやることにしました。

しばらく繰り返していると、息の量はある程度入るようになり、音量もそれに比例してしっかり出るようになってきました。


10回連続でできるようになるまで繰り返す


低音域でも息の量を入れられるようになると、十分な音量が出るようになってきました。それでも相変わらず「レ」はかなりの確率ので中音域に飛んでしまいます。

この状態でソから半音階で下る練習を再度試みました。

レの音を単発で発音するとダメですが、半音階で下りてくると、ミ♭までは最初より十分な音量でしっかり出ます。

少なくとも、この状態は維持しておく必要があると思い、ミ♭は確実に出せるようにしようと考えました。


ふと、昔読んだブログの記事を思い出しました。

難しいフレーズも 10 回連続でノーミスでできるようになって初めて実力とみなすことができる、というような内容でした。

調べて検索すると、10 回ではなく 5 回でした。でも本質は同じです。
つまり、まぐれ当たりではなく、いつでも同じ結果を出せるようにするまでが練習だということです。

難しいフレーズを5回連続、ノーミスで演奏する事が出来たら、合格とします。
そして、メトロノームを次のテンポに上げます。

5回連続ノーミスで出来てこそ、マスターできた!!と言えるのです。

この練習を教えてくれた先生は、こう言っていました。


1回目が成功したら・・・まぐれ。
2回目が成功したら・・・奇跡。
3回目が成功したら・・・マリア様の思し召し。
4回目が成功したら・・・神様の思し召し。
5回目が成功したら・・・実力。

夏の風物詩・地獄の5回練習はじめました【中学生のあやちゃん編】|『ながとまさよ』フルート教室日記【大切な貴方に、私の想いが届きますように・・・】


まさにこのとおりでした。

10 回だと思い込んでいたので、ソからの半音階下降練習を 10 回連続ノーミスになるようにひたすら繰り返しました。

途中で失敗したらリセットしてまた 1 回目からやり直しです。

最初の 10 度くらいの試行ではかなりの確率で失敗しました。発生する失敗は、5 回目に到達するまでに起こります。


不思議と辛いとは感じませんでした。

それよりも、わずかながら、試行回数ごとに手応えがありました。


しばらく繰り返すと、途中のミスでリセットするケースが減り、10 度くらい繰り返した頃から、安定し始めます。5 回目を乗り切るとほとんどミスが出なくなり、10 回連続でミスなく安定したミ♭が出る状態になりました。

この意味では、「5 回連続」で十分なのかもしれません。


このフルートで、ようやくミ♭を攻略しました。

次は、レです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ