フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

発表会

2010年春の発表会雑感

発表会雑感。


さて、何とか発表会は終わりました。何かこれに懸けていたという訳ではありませんが、今回かつてないほどの練習量を投入したので、事後の評価と反省はしておく必要があります。

発表会の曲を仕上げるために、無理に練習時間を割いてきたということもあって、終わってしまった後は同じペースでは練習できません。


録音を聴いてみると、思ったよりも震えによる音への影響が感じられないことは分かりました。録音を聴く限りでは、まず分からないレベルです。

その場で聴いた方は目でも見ているので、震えの様子は分かったはずです。
実際私も他の演奏者の様子はよく分かりました。

この会場でなぜ緊張しやすいのか、少し理由が分かった気がします。
客席から空気感など演奏者の様子がはっきり分かるため、演奏中も自分の様子を完全に知られていると思い込んでしまうためではないでしょうか。

毎年秋頃の発表会の会場は、ステージと客席の間に多少の高低差があり、客席からは演奏者の様子が視覚的には分かるものの、空気感までは察知できません。


今回、フルートの出演者は極端に少なくなっていました。
5 人しかいません。これに対してサックスは圧倒的に多く、ヴァイオリンも今回はやや多めだったように思います。

フルートは芯で音を出せている人は一人だけで、やはりトーンの薄い感じでした。
「自分ならもっといい音が出せる」と思いながら早く自分の番が来ることを期待していましたが、実際に自分の番になると似たような感じで、長い時間かけてせっかく改造した音色も満足に出せません。

そういう意味では、この場で正確に堂々と演奏できること自体がすごいことだと実感します。


今回タイスの瞑想曲を演奏した方がフルートとヴァイオリンでそれぞれいて、興味深く聞きました。
いずれも私よりも前から通っている人で、落ち着いたいい演奏でした。
それでも私がかつて注意されたところは苦労している様がよく分かり、半年でこの曲をやろうとしたことの無謀さが改めてよく分かります。

フルートとヴァイオリンは、過去の演奏を何度も聞いたことのある人で、技量の進行が今回はっきりと分かりました。


オーボエ協奏曲の分析。

先生には、当日は音出し程度にしておいた方がいいと助言をいただいたので、控え室でも部分的に少し吹いた後、ほとんど何もしませんでした。
それよりも前日の練習で、冒頭を連続して間違ったことが気にかかり、出だしを間違えずに音量を出すことを考えていました。

出だしが Tutti なので、スタートからオーボエの音色が出せれば、心配事は消し飛ぶと思っていたのです。
ところがやはり序盤からミスが出てしまい、どんどん音質が劣化していきます。気になるとダメですね。

前のエントリーにも書きましたが、暗譜に一抹の不安があり、楽譜を持って行きました。
とりあえず置くだけ置いておいて、記憶で演奏しようと思っていたのですが、目の前に楽譜があると見事に視線がそちらに向いてしまいます。


途中の Tutti で一部ピアノだけの部分を作ってもらったことは正解でした。
前半で散々転んだ後、ここで何とか切り替えることができ、後半は多少落ち着きました。

強弱も思ったよりはつけられたような気がします。
Tutti の合奏部分と Solo の演奏にはっきり違いを見せるため、合間でピアノの先生の方を向こうとか考えたりもしましたが、全く実現できず。

聞いた方の感想や自分の録音確認の限りでは音量や音質には特に問題がなさそうなので、緊張による震えの解消が一番の課題になりそうです。
もうひとつは、「地ならし」です。未だに指使いに自信がなく、フレーズで指使いを覚えてしまっているため、1 箇所を間違えるとフレーズの途中から入ることができません。


最後に、ピアノ合わせでだんだんピアノが速くなっている感じを受けていて、本番も同じ印象がありました。
どうやらこれは私が無意識に速く演奏しているようで、ピアノはそれに合わせるために加速する格好になっていたようです。

まだテンポや拍感覚をはっきりと持つことが出来ておらず、聴いた CD の記憶に多く頼っていることが影響しているのかもしれません。


色々と課題は見つかるものですね。

フルートレッスン戦争記 保管室 : オーボエ協奏曲 RV454

とても人に聴かせられるレベルになっていませんが、戒めの意味も込めて晒しておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

オーボエ協奏曲、本番終了

今日は発表会本番でした。


2 年前「タイスの瞑想曲」を演奏した時の発表会と同じ場所です。
この会場は客席との距離がほとんどありません。客席との間に段差もなく床伝いになっていて、客席からは演奏者のすべてが見えます。

タイスの瞑想曲の時は極度に緊張しましたが、このときは発表会 1 回目だったので今回は大丈夫だろうと思っていました。

しかし、結果は惨敗。演奏は通しましたが、ところどころで欠落しました。
楽譜は持っていったものの、ほとんど譜面を追うことはなく、記憶で演奏しました。ところが、目の前に譜面台があると、どうしてもそこを見てしまいます。
自分が演奏しているところとは別のところを見てしまうなど、もはやノイズに近いような存在です。

久しぶりの発表会ということもあって、演奏中は身体が思うように動きません。震え出して止まらなくなります。


どうやら他の出演者も指の震えが見て取れる人が多く、この会場が難しい場所であることがよく分かります。

今回は相当量の練習量をこなしたので、珍しく自分の番に早くなって欲しいという気分になっていました。しかし、実際にステージに立つと精神状態とは関係なく身体が勝手に震えだします。
実際客席は落ち着いて確認できましたし、緊張しているという感覚はありませんでした。しかし身体は言う事を聞いてくれません。


でも演奏中、ピアノははっきり聞こえていたものの、合奏とソロを意識することはほとんど出来ませんでした。
やはり緊張していたということになるのかもしれません。

堂々と演奏している人ももちろんたくさんいます。
改善するには、やはり場数を踏むしかないのでしょうか。


何にせよ、出て得られるものは多かったと感じます。
課題も多く見つかりました。

発表会で取り組む曲は先の先まで決めてしまっているのですが、状況によって見直す必要があるかもしれません。


今回の発表会で見えた問題点の分析や、他の出演者から感じたことなどは別エントリーにまとめたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会終了(出てないけど)

日曜日は、楽器店の発表会でした。


私は結局参加しませんでした。仕事が一向に片付かず、最近はレッスンも週1回辛うじて通っているような状態です。フルートのレッスンすら足かせに感じる日も出てくる始末で、このような精神状態で発表会にエントリーしてもいい結果にならないことが明白でした。

今回の発表会は、去年フルート協奏曲で出たときの会場と全く同じで、会場としては非常によいところだと思います。客席とステージが同じ高さではないので、程よく緊張せずに済む場所でしたが、今回は予想に反して緊張されている方がかなり多く、フルートは音が出ていない人が結構いました。

ヴァイオリンもフルートも、緊張が音に如実に表れてしまいますね。

残念ながら、今回「おお」と思うような演奏された方は、いませんでした。本来の実力の半分も出せていないのかもしれません。

2007年のこの時期にフルートを始めたので、そろそろ2年が経ちます。しかし、2年目は「失われた1年」と言えるほどまともな進展がありませんでした。

こういう考え方をしてしまうのは自分でも嫌ですが、今回の発表会での演奏を聞く限りでは、そう大きな上達が感じられなかったので、安心してしまいました。
この1年足踏み状態で、自分だけ上達が遅いと思い込んでいたので、周りに対して変化がなかったことに安心してしまったのです。
(かなりマイナス思考ですね・・・)

それでも、人の演奏を見ていると明らかに刺激にはなりますね。

ちょうど2年が経つので、取り組む姿勢を見直して再度フルートに向き合い直したいと思います。

テレマンもまだ終わっていないし、しっかりと目標を決めて取り組みましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

続・発表会の曲

今冬の発表会に出られるかどうか、ちょっと怪しいと断った上で、次の発表会の曲はテレマンのファンタジーに決めました。

「冬」はそれなりに練習を繰り返していたのですが、思ったような音が今も出せず、発表会自体の日程が例年より早いことから、見送ることに。


テレマンは無伴奏なのでチャレンジになります。
人に聴かせたいという意味では「冬」よりも劣るのですが、フルートのための曲でもあるので、自分の勉強には向いています。

年内は一週間のうち、1時間も練習時間を確保できない状況になることも十分考えられるので、去年のように取り組めるか不安ではあります。


まあ、練習時間が確保できるかどうかを考えている時点でまずいかもしれません。

う〜む。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

次の発表会の曲

久々にレッスンでテレマンを見てもらいました。

見てもらったといっても、しばらく練習時間を確保できていない都合上、これまでやったところではなく、その先を教えていただくことに。


唐突に、次の発表会はこの曲を仕上げてこれで出ませんかと言われ、驚きました。

テレマンはマレの布石のために練習しているため、これで出るつもりはなく、次の発表会の曲はヴィヴァルディの「冬」(第1楽章)と決めていました。


先生にこの話をしたところ、次回のレッスンで曲を決めることになりました。


フルート一本でステージに立って、無伴奏曲で発表会に出るもの一興ではあるものの、「冬」はそれなりに仕込みが長いので、いまさら路線変更したくない気持ちがあります。

発表会でやる曲は、私の中ではすでに4回先くらいまで決めてしまっています。


聴く方にしてみれば、よく分からないテレマンの曲より、なじみのあるヴィヴァルディの曲の方が聴きやすいでしょう。


といろいろ考えながらも、少し冷静になって考えてみると、テレマンのファンタジーを発表会の曲として集中して取り組むメリットも結構ありますね。


必要な要素。練習によりこれらを克服できる可能性があるという意味で、メリットでしょう。

■ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲「冬」第1楽章
・(フルート版は)音域が広く、苦手な高音域の安定させる必要がある
・終始速い旋律が多く、多様なアーティキュレーションが要求される
・連続するトレモロでトリプルタンギングが必要
・TuttiとSoloの繰り返しなので、協奏意識が大事
・他楽器(ヴァイオリン)の音を意識できる
 (原曲では重音の箇所やヴァイオリンのアーティキュレーションをフルートで再現するおもしろさがある

■テレマン:無伴奏フルートのためのファンタジー2番
・譜読みが難しい(少なくともヴィヴァルディよりは圧倒的に難しい)
・常に跳躍が激しい
・高音部、低音部の2声を同時に表現する必要がある
・曲が速い割に長い音価が多く、音の輪郭がかなり目立つ
・リズムを伴奏に頼れない


少し悩み中。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン #68 (発表会のおさらい)

土曜日はレッスンでした。

先日の発表会のおさらいから入ります。本番の録音を聴き、よかったところと、間違えたところを再確認します。
やはり何度聴いても転んだ箇所は多く、途切れこそしなかったものの、出来がよいとは言えません。

前日の最終調整まで何度となく失敗した第6楽章の終結部は、多少軽く躓きながらも比較的安定して演奏することができ、ここはよかったと言ってもらえました。 フルート歴1年だと、まあこれくらいが限界でしょうということでした。
今回の発表会でやっていない第2楽章や第3楽章なども時々練習していますが、将来全楽章を通して確実に演奏できるようにしておきたいものです。

アルテスはようやく3課が終わりました。
第3オクターブのドが正確で出ず、発生時の息のスピードと、やや下向きに吹き込んでみるように指示されました。

次に何をしようかという話になりました。
私は今回のフルート協奏曲で、演奏リテラシー(つまり奏法の基礎)が整わない状態で本番向けの曲練習をするという行為に問題とリスクがあることをよく認識できました。 このため、次の発表会には出ないことにして、奏法を向上させたいと伝えました。

やりたい曲はいくつもあるけれども、「発表会」を織り交ぜると余計な力が働くので、よく考えないといけないようです。
私は演奏する曲が要求する奏法を、逆順で覚えていくような勉強方法の方が好きなのですが、この勉強方法が有効にするだけの土台も必要だと感じます。

レッスンはアルテスを主軸とした基礎だけを延々とやるのもよいけれども、曲の練習も入れたほうがよいのではないかと先生に言われました。一旦保留・・・。

このときはすぐに気付きませんでしたが、前回の「タイスの瞑想曲」が終わった直後にしばらくトーンダウンしたため、心配されてのアドバイスなのかもしれません。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会の結果と考察

昨日の発表会を終えての考察です。
分かったこと
  • やはり緊張による脚の震えがあり、息も細くなる傾向があった
  • 今回は客席に目を向ける余裕があった
  • 順番が後の方だったことが少し幸いした(客席から見て、演奏がどう聞こえ、演奏者がどう見えているかが分かるため、自分が演奏するときもイメージできる)

会場が前回と違い、客席と少し距離があった(高低差含む)ことも、少し影響していそうです。
前回は、最前列が譜面台の目の前で、かつ舞台と客席が同じ高さ、同じ明るさだったため、自分の様子がすべて伝わっていると思うと緊張の度合いはかなり強いものでした。

今回はステージと客席に高低差があり、照明の明るさも違うため、前回ほど気になりませんでした。
先に演奏する人の様子を客席から見ることができ、思っているより緊張の度合いは伝わらないことが分かっていました。

舞台上でパフォーマンスをするときは、「聴いている人をいないものと思う」のではなく、「聞いている人の顔をよく見渡す」ことが一番大事だという内容の記事を本か、ブログかで読んだため、これもやってみました。演奏中も、できるだけあちらこちらに視線を配りました。(とりあえずそのくらいの余裕がありました)

通っている教室の電子ピアノコースがストップしているせいか、前回まで多かったピアノの出演者が激減しました。

サックスで出ている人は、ほとんどがマイナスワンCDでの演奏でした。
ヴァイオリンでも何人かマイナスワンで合わせて演奏している人がいましたが、やはり極度の緊張のためか、途中で一時停止してしまった方もおり、マイナスワンではこういうときの軌道修正がかなり難しいことを改めて思い知ります。

フルートは、私とほぼ同じか、少し長いくらいのフルート歴の人が何人か初出演しました。
緊張により、音がしっかり出ていない人が多かったように思いますが、一様に演奏は正確だったと思います。

むしろ転びまくりなのは私くらいだったのかもしれません。

残念ながら、今回聴いた演奏の中では、その演奏で強烈に驚かされた人はいませんでした。

先生と二重奏で出る人が多かったように思います。特に同じ楽器の二重奏は、どうやっても巧拙の対比が目立ってしまい、私には絶対できません。

「『歌の翼』による幻想曲」を演奏した方が、一番印象に残りました。私も将来演奏してみたいと思っている曲で、難易度もよく分かっているつもりです。特に優れているという印象ではありませんでしたが、1音1音がはっきりしており、ちゃんと音楽になっていたと感じました。

ヴィヴァルディのフルート協奏曲「夜」に取り組むにあたり、このブログで書いたエントリーをまとめてみました。
タイトルでおおよそ内容が分かるようにはしているつもりですが、連想しづらいエントリーのいくつかには主なテーマを書いています。

録音も聴いてみました。
転んだ箇所は総じてひどいものですが、フルートの音質は思ったほどしぼんでおらず、少し安心しました。

本番で間違えた箇所を記録し、確実に演奏できるようにしたいところです。
発表会の演奏時間制限により除外した、第2楽章、第3楽章、第4楽章もぜひとも吹けるようになりたいものです。

第2楽章は、緩徐楽章である第1楽章との対比として、夜の恐ろしさをあらわすための重要な楽章で、これも入れたいところでした。
「急−緩−急」の3部構成が多い協奏曲の中で、「緩(1)−急(2)−緩(3)−急(4)−緩(5)−急(6)」の特異な構成を持つこの協奏曲を、「緩(1)−緩(5)−急(6)」で演奏したのは、変といえば変かもしれません・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

決戦、フルート協奏曲「夜」

ようやく発表会が終わりました。

演奏の途中、何カ所も怪我をしましたが、意外にも割と好評だったようで、助かりました。

やはり練習でも100%うまく行かないところが本番でうまく行くはずもなく、危険だと思っていた箇所は軒並み転びました。

第1楽章

繰り返しフレーズの3回目で早くも転ぶ。ここは息が続けば全部一息で吹き通したいところで、途中でずれるとピアノのリズムと合わせづらくなるので、1フレーズスキップしてつなぎました。

後半のトリルは思っていたより自然につなげたような気がします。

第5楽章

ここは、もっともフルートらしい部分でもあるので、拍のカウントも合わせて十分対応できるようにしたつもりでした。

しかし、どうもピアノのテンポが思ったより遅かったのか、途中で妙に合わなくなりました。こちらも無理やり軌道修正して何とかつなぎます。

第6楽章

ここまで来ると結構手も熱くなっています。
やはり前回同様、緊張からくる身体の震えもあり、呼吸があまり安定しません。

フルートソロの箇所は大きなミスをしていないつもりですが、事前に危ないと思って何度も特訓した箇所は、やはりミスしました。(ミスするかもしれないと思っている箇所は、だめなのでしょう。)

問題の終結部も、部分的には外しましたが、何とかスピードを止めることなく最後まで吹き切ることができました。

今回の発表会が終わり、ここ数カ月に渡ったフルート協奏曲の練習には一区切りついたので、この曲で分かったことを元に次にやることを考えたいと思います。

昨日までは、次の発表会には出ないで、音づくりや奏法の基礎を再考しながらアルテスを進めようかと思っていました。しかし、終わってみると、やっぱりどうしようかと少し迷ってしまいます・・・。

今のところ、奏法の見直しをやる線がかなり有力です。
曲の練習で奏法を習得できるのが一番よいのですが、簡単に転ばないだけの演奏リテラシーくらいはちゃんと整備しておかないとだめだと痛感しました。

発表会の考察については、別途改めて書いてみたいと思います。


タイトルが意味不明だったので、書き直しました。(2008/11/17)


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会の曲を決めた

次の発表会で取り組む曲を勝手に決めました。


いや、まだ先生には一切相談していないのですが・・・。


ヴィヴァルディのフルート協奏曲「夜」(RV439)です。

妻が大和ハウスのCMでBGMとして流れているヴィヴァルディの曲を探しており、その手伝いをしました。このCMで使われている曲は、ヴィヴァルディの「弦楽のための協奏曲 "アラ・ルスティカ" RV151」です。

NAXOSで探したところ、同じCDにRV439も入っていました。この曲は今年度に入ってからしばらくの間、ずっとヘビーローテーションで聴いていました。

1年くらい前の資生堂のマキアージュのCMに使われた曲ですね。


先日のレッスンで曲の候補を探しているときは、全く考えていませんでしたが、将来演奏できるようになりたいとは思っていました。

ポケットスコアの楽譜を見る限りでは、明らかに演奏できないというレベルではないように見えます。前回の発表会ではシュターミッツのフルート協奏曲を演奏した方もいたので、私にできないはずがないと言い切ってしまうことにします。


週末のレッスンで先生に話して、無理だと言われないようにしないと・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン#50 (キーパーカッション)

昨日のレッスン記録です。


そろそろ次の発表会で取り組む曲を決めましょうという話から始まりました。

前回の発表会の後から始めた「密度21.5」は、実はあまり進みがよくありません。このところ、練習時間を満足に確保できなかったり、音質に疑問を覚えるようになってしまったりして、足踏み状態に近いものがあります。
それに加えて、最近取り組み始めたアルテスが意外に面白く、これを進めることの重要度が高くなってきたことも曲の進行自体には大きく影響しています。


「密度21.5」にもすでに1ヶ月を費やしたので、発表会の曲をこれにしてしまってもよいとは言われました。ただし、現代曲なので途中で何を演奏しているのか分からなくなることもあるとか。ヴィブラートは必須だそうです。

他にやりたい曲はないのかと聞かれましたが、今の状況に手一杯で全く考えておらず、候補も出ません。以前、次の発表会でやりたいと話した「ブエノスアイレスの冬」は、今日は会話に出しませんでした。

最近よく聞いているボザのイマージュは吹けたら気持ちよさそうと話しましたが、さすがに難易度が高すぎると言われました。私も聴く分には心地よくても、今のレベルから上達しても吹けるようになるイメージが見えません。
(先生にはこの場でイマージュの冒頭を聴かせてもらいました)

先生にも候補を出していただきました。シリンクス、イベールのPiece、フォーレのシシリエンヌ。

「タイスの瞑想曲」が吹けるなら、シリンクスは練習すれば吹けると言われましたが、フルート独奏曲の代名詞的な曲を綺麗に歌えるかどうか、全く自信が持てません。同じ独奏なら、「密度21.5」の方が奇抜でいいですね。

イベールのPieceは、難しいけれどもボザに比べれば練習次第で十分吹けるようになるとのこと。これは少し興味があります。

フォーレのシシリエンヌは・・・。曲は好きなんですが、フルートの演奏曲としてはかなりベタな気がするので、発表会やイベントで何人も演奏している曲を吹きたくないというのが正直なところ。

次回のレッスンに候補を持っていくことにして、レッスンの本題に入りました。


レッスンは、残り時間の兼ね合いでアルテスと「密度21.5」だけをすることに。

アルテスは想定したより先に進めませんでした。どうも音質に問題があるのは確かなようで、息が安定して出ていないことが問題な様子。タンギングせずに腹の息だけでアルテスの譜例を進めていき、再度タンギングで演奏。

「密度21.5」は、トリルを経て、ついにキーパーカッションの部分に差し掛かりました。見真似でトリルをやりましたが、トリルなんてやり方も考え方もレッスンでは一切教わっていないので、どうやるものかと聴こうと思ってふと思いとどまりました。

「教わっていないから知らない」というのは姿勢としてはかなり危なそうです。
こっそり調べなくては・・・。
トリルとか装飾音符とか、もっと上達した将来覚えようと、勉強は先送りしていました。


そして、キーパーカッション。先生曰く、ただキィを押さえ(叩き)、その音だけで演奏するということでしたが、録音を聴いた限りでは、どれも明らかに「吹きながら」叩いているように感じました。

とりあえず息を吹き込みながら叩いて練習。こちらも録音を頼りに、想像でポンポンと叩いたりはしていましたが、実際にレッスンで習うのは初めてです。

ここで時間切れ。
次回は「密度21.5」の超高音域の部分をやってから、発表会の曲に入ることになりそうです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ