フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

発表会

ケノンの楽器を手にしたらどう反応するのか

こんにちは。


先日発表会に出たという話をしました。
実はそこで、S氏と話し込むことができました。

S氏というのは、去年この記事で話題にした人です。

立てた目標を達成できない本当の理由

今も同じ教室に通っているらしいのですが、実は現場ではほとんど会ったことがありません。
活動できる日や時間帯が違うのでしょう。全然会わないんです。


彼も発表会には毎回出ているのですが、私が発表会では身動きが取れないことが多く、なかなか話しに行けませんでした。
今回、久しぶりにS氏と話をしました。


もちろん話題はケノンです(笑)。
どういう反応をしてくれるのか、ものすごく楽しみでした。


ちなみに今までにこの楽器を何人かに見せていますが、反応は全部同じでした。
別に試しているわけではなく、こちらもその反応を期待しているわけです。

同じ反応というのは、驚いて笑うことです。

みんな同じ反応をしてくれます。


まず楽器そのものが重いことと、見慣れない形状。
私はキーの補助板とか、見て一瞬で分かる違いに気づいて驚くものだと思っていましたが、結構多いのが、ブリチャルディキーの左側に妙なキーが鎮座していることに気づくことです。

IMG_0510

これです。Cisトリルキーというのだそうです。


楽器を入手した直後、楽器店の管楽器リペアの方に見てもらいました。

そのときも驚かれましたが、一番最初に目についたのはこれでした。この部分は、明らかに普通のフルートと違います。


発表会ではS氏はまだ出番前でした。
休憩時間になったので、食事中の彼に楽器を見せることにしました。

モイーズモデルの存在自体は知っていましたが、どこのメーカーの楽器なのかはよく知らないようでした。
ちょっと話のネタにしようと思っていたら、「吹いていい?」と言うので吹いてもらうことに。やはり真っ先に先ほどのトーンホールに気づきました。


休憩時間中のホールで、誰に構うことなく曲を吹き始め、止まりません(笑)
Aisレバーで開閉するこのトーンホールで鳴らすトリルの方が音程がよく、ここに空いていることに意味があると言いながら、残りの休憩時間の十数分、ずっと吹き続けました。

やっぱり吹いていて面白かったんですかね。


指が動かしやすいというので、キーの位置や高さの話をしたら、ようやくそれに気づいたような感じでした。補助板はともかく、右手のキーは言われないと気づかないかもしれません。


久しぶりに話し込みました。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会は最後まで聞く

今日は発表会で、何とか無事終わりました。


今回は、初めて楽器店内に会場が設けられる発表会となり、これまでとは少し印象の違う会となりました。(私が入会する以前は店内で行っていた時期もあるようです)

いつもは貸しホールで行われるのでクローズドなイベントでしたが、今回は楽器店内に会場があるため、店内イベントに近く一般客も観覧することができ、多少オープンな感じはありました。

今回はピアノ科の先生がいない関係で、伴奏をつけて演奏することが難しく、ほとんどの出演者が CD や録音伴奏での出演となりました。これはやはり大変だったのではないかと感じました。


演奏の自己評価


私はアンサンブルとして出たので、メンバーに助けられた感じはします。

緊張はやはりありましたが、ソロで出るのとは違うので随分楽でした。
アンサンブルで出るときも以前は緊張はかなりあったのですが、今回はそれほどではありませんでした。


さて演奏の出来はというと、今回は、新しい楽器に切り替えたにもかかわらず、過去の発表会での演奏と比べても最高によい音質で演奏できたように思います。

いつもこれくらい音が出れば申し分ないですね。
毎度緊張だったり練習不足だったりで、思っているような音がなかなか出せません。


会場となるスペースはあまり音が響かず、演奏中にメンバーの音が聞こえづらいということでしたが、案外心配するほどではなく、むしろ割りと落ち着いて聞きながら演奏できました。

今回良い結果にできたのは、慣れたメンバーでの出演であったことに加えて、曲が比較的易しく、自信のない箇所が少なかったということが挙げられます。

毎度発表会向けではない難易度の高い曲で出ることが多いので、完成度が自信を持てるレベルに達する前に本番を迎えることになり、あまりいい結果が得られませんでした。
今回は曲が単純だったことと、アンサンブルでの出演であったこと、曲長が極めて短かったことなどが気を楽できる要素としてありました。


また、今回は新フルートのデビュー戦でした。
このフルートでも金属製フルートと変わらない音色と音量がちゃんと出るようなので、見た目に面白いこのフルートをしばらく使うことにするかもしれません。


他人の演奏を聞いて成長度合いを知る


今回はフルートの出演者がかなり多く、記憶している限りでは最多ではないかというくらいに多かったように思います。

会場があまり広くないため客席と近く、緊張度合いはみんな結構大きかったようです。
フルートは、しっかり鳴っている演奏が残念ながらあまり多くありませんでした。

私は発表会は最初から最後まで聴くのが好きです。
特に用事がない限り、自分の出番が終わっても全部聴いてから帰ります。

会話したことはなくても、何度も出演されている方は過去の演奏を知っているので、成長度合いが分かり、それが刺激にもなります。


アンサンブルのメンバーは、私以外は全員自分の出演分としてソロ曲を演奏しました。
多少贔屓目が入っているのかもしれませんが、アンサンブルのメンバーは特に鳴りがよく、成長が見える気がしました。

曲がりなりにも毎月 1、2 回程度の定期練習をこなしているだけのことはありそうです。


他の参加者の演奏を聞いていると、本当に刺激があります。
うまく演奏できている人を見て特徴を考えてみたり、残念ながら実力が出せなかった人の様子を見て、何が原因なのか、どうしたら良くなるのかを考えてみるなど、自分一人で黙々と練習しているだけでは分からないものが見えてきそうです。


何とかアンサンブルでは発表会復帰を果たしたので、次回は通常の曲で出てみようかと考えるようになりました。

以前、ヴァイオリンで出演された方だったと思いますが、「以前選択した曲と同じ曲に挑戦して、当時と比べてどのくらい成長したかを見て欲しい」と言った人がいて、衝撃を受けました。

毎回新しい曲に取り組むのではなく、以前弾き込んだ曲を引っ張りだしてきて、今ならどこまでできるのかと再挑戦してみるのはいい試みかもしれませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

次の発表会の曲

次の発表会をどうしようか、全く何も決めていません。

久しぶりに出ようかとは思っているのですが、曲を一切考えていません。
今から取り組んで、ある程度形になりそうなのが、2 本のフルートのための協奏曲 RV 533 か、ごしきひわの第 2 楽章です。

ごしきひわの方は時々練習でも演奏しているので、そのままやれば無難な形にはまとまると思います。
実際にちゃんと演奏しようということになれば、これもそう簡単ではないのでしょうが。


もう一つの RV 533 は、以前からやりたいと思っていた曲で、密かに温めていたものです。
そのうち先生か誰かと二重奏で、と考えていたものですが、まだミスなく演奏できる状態ではありません。

それから、次回の発表会に出るとしたら、変り種フルートで出たいと思っているので、これも少し悩みの種です。
アンサンブルの練習時に、音色感が他の楽器とマッチしないようだと言われてしまい、合奏向きではない楽器なのかと考えるようになりました。

もちろん、アンサンブルの練習時はまだこの楽器に慣れていなかったということもあると思います。


3 ヶ月(2.5ヶ月)くらいみっちりやってどうにか出来るレベルの曲と考えると RV 533 ですが、ソロでちゃんと演奏する、ということを考えるとごしきひわですかね。
同じ発表会にアンサンブルでも出ることになりそうなので、練習負荷はそれなりにあります。


どうしたものか・・・。
さっさと決めて少しでも練習し始めたほうがいいんでしょうけど。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

他者の成長を見るということ

週末は発表会でした。
今回は、参加していません。今年は充電期間ということで、イベントには出ずに基礎技術を正しい方向に持っていくことに焦点を合わせ続けることにしています。


発表会は観覧だけしてきました。
残念ながら新顔があまり見られず、ほとんどレギュラー陣の演奏会といった感じで、少し寂しい気はしました。
参加曲数自体は結構多いのですが、同じ方が複数回出演したりしているので、参加人数は以前ほど多くないのかも。

新しく参加した人を知るのは、基本的にはこのようなイベントしかないので、少ないと寂しいものがあります。

収穫は大いにありました。

正直なところ、今回の発表会で強く印象に残ったのは一人だけでした。
全体的に良い演奏が多い印象でしたが、予想と大きく違ったと感じたのは一人だけです。
しかし、その一人が素晴らしかった。


技術がどうのではありません。
音色感がこれまでとは打って変わって素晴らしいのです。

ヴァイオリンの方で、毎回コンスタントに出演されている常連さんです。
これまでもヴァイオリンで驚く演奏をする人はいましたが、大抵は経験者で新規入会して参加するパターンでした。
新しく登場した人が奏でるいい音ではなく、何年も前から聞いている人の音が明らかに変わっていることに驚いたのです。

周りに話すとあまりそんな印象は受けなかったようで、むしろそのことに驚きました。


翌日の練習とレッスンでは、何か影響を受けた気がしました。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

アンサンブル終了、基礎をいかに見直すか

しばらくぶりのエントリーです。
ちゃんと生きています(笑)。

フルートの練習も続けていますが、どうもそればかりに集中もできず、年始からブログの更新もストップさせてしまいました。


金曜日はアンサンブルの本番でした。
コンサートフルート 4 本でのアンサンブル。ソロで出る毎度の発表会よりはいい出来だったと思います。

2 曲やったうちの 2 曲目は、私が出だしなのですが、一音目からミスしました。
何食わぬ顔でそのまま続けたので、言わないと分からないような感じだったようですが、自分では正直まいりました。


相変わらず緊張もありました。これも見た目には分からなかったそうですが、音にははっきり出なくても、演奏中何とか落ち着くことばかり考えてしまい、メンバーの音は聴けてもそれに合わせるところまで気が回りません。
本番で出したいと思っていた音も満足に出ているとは言えない状態でした。

今回も例に漏れず、直前にはかなりの練習時間を割きました。
曲の難易度は低いものだったので、何とかなったという印象です。

4 人そろっての練習回数も明らかに不足していました。


今年は、修練の一年にするつもりでいます。

フルートでやりたいことは色々あるけれども、それを満足に成し得る技量がないので、まずはこの現状を変える必要がありますね。
すでに 2 年近くはこんなことで悩み続けているような状態です。

基礎は、意識せずにいつでも同じレベルでできるところまで落とし込んでこそ意味があるのだそうです。

音は同じ音質が得られるかどうかいつも悩みながら発音しています。
常に悩み続けること自体は大事でも、身体に染み付いていないことは常に問題としてつきまといます。

去年から同行した数回のヴァイオリンの特別レッスンにも大きく影響を受けました。

まずは当たり前のことを完璧を超えるレベルでできるようになることを目指しましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会の演奏内容おさらい

今回の発表会雑感と、自分の演奏の分析です。


第 2 楽章は、出だしの発音で失敗しました。
実は課題としては認識していたのですが、練習でもレッスンでも、吹き始めの音は思い通りにならないことが多く、ここでも似たような結果に。

完全に調子が狂ってしまい、そのまま焦りのある状態で演奏が進行。
第 2 楽章はある 1 箇所を除いて自信があったのですが、その「ある 1 箇所」はもちろん見事にハマってしまいます。
この曲はフーガ形式で何度も主題が入るので、そこで切り替えられます。これで音質を取り戻したので気は楽になりましたが、後半でピアノを聞き落としてしまい、そのまま何小節か固まったままに・・・。


第 4 楽章は多少持ち直し、気にしていた箇所もピアノ合わせのときよりまともでした。
第 2 楽章があまりにも酷かったので、第 4 楽章を用意していてよかったと感じます。

こちらもミスはところどころありましたが、多少気分を切り替えて演奏することはできました。

これまでのフルート協奏曲やオーボエ協奏曲と違い、常にせわしない曲ではないため、練習はかなりやりやすかったと感じます。

この 1 年くらいで、音質は安定して出したので、これを聞いてもらいたいとは思っていました。
部分的には発揮できましたが、ミスが多いため、人前で演奏する出来ではありませんでした。

多少は強弱もつけたつもりなのですが、録音を聴くとまあ全くついていません。
本番の緊張の問題はありましたが、今回一番の問題はやはり完成度の問題による、自信のなさが大きそうです。

そして、その自信のなさというのは、頻発するミスなわけですが、このミスの発生原因は、練習不足というよりは何の曲を演奏しているのかそもそも理解していないことにありそうです。

今のところ、同じような選曲で次の発表会に出るつもりはありませんが、もし出るとしたらエチュードにするでしょう。

あとは、他の楽器に合わせて演奏する機会をもっと増やす必要があるとは感じました。
ピアノはちゃんと聞きながら演奏しているつもりが、実はしっかり聞けていないようです。


発表会雑感。
前回のエントリーでも書きましたが、私を含め、緊張がかなり見て取れました。
特にフルートとサックスは指の動きが目立つため、キーを押さえていない指はかなり目立ってしまいますね・・・。

今回印象に残ったのは、今回初参加と思われる方のヴァイオリン協奏曲。手首が柔らかく、他の参加者とはレベルが違いました。演奏も終始軽やかで、これくらい余裕を持って演奏できると気持ちよさそうです。ほどよく安定感もありました。

モーツァルトのピアノソナタを演奏した方も、個人的には聴いていて心地よい演奏でした。
強弱の表現がしっかり出ていて、メリハリがあります。
ニコニコしながら演奏していると、聴いているほうも気持ちがいいですね。


フルートは、ほとんどの人が音をはっきり出し切れていない印象でした。
控え室で聞いた音と全く違うので、本来はもっとよい音が出ているはず・・・。

今回見ていて、構え方が人によってかなり違うことが妙に気になりました。
右手はほとんど垂直に見えるように構えている人もいて、一見動かしづらそうに見えますが、演奏上は特段問題ない感じでした。


何にしても人の演奏を聞くことは刺激になります。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

敗戦を超えて

さて、本番が終わりました。


かつてないレベルで失敗しました。

演奏中、途中で見失い、演奏がストップ。
まれに見る大事故になってしまいました・・・。

ピアノは合わせのときよりも随分ゆっくり合わせてくれましたが、それでも途中で転んでしまい、そこから焦りが出てきたようです。
緊張も確かにありましたが、それだけが問題ではありません。

正直音質だけはかなり自信があったのですが、それもまともに発揮することはできませんでした。
第 2 楽章で大事故になってしまい、心配していた第 4 楽章のほうがむしろまだマシでした。


こうなることは予想できていましたが、正直なところここまで散々な結果になるとは思っていなかったため、あまりの酷さに自分でも飽きれ返る始末で、もはや悔しさや恥ずかしさなどありません。


今回も出演者は、程度の差はあれ緊張が見て取れました。やはりそういう会場のようです。

しかし私の今回の敗戦は、会場の問題もあるでしょうが、それだけが原因であるはずはありませんね。


録音はしましたが、とても公開できるような代物ではありません。
そもそも曲が破綻しているので、音が悪いとか、そういう次元ではないのです。

この状態で本番に臨んだこと自体が間違いだったのかもしれません。
ただ、エントリーしているのに曲が完成しないから途中でやめますというのは覚悟がなさ過ぎますね。

発表会といえども演奏会なので、聴きに来ている人がいるわけで、彼らにストレスを感じさせるようなものを出すのはやはり問題があると言わざるを得ません。

先日のヴァイオリン特別レッスンで、柴先生から聞いた「音楽とは本来美しいもの」という言葉が頭をよぎります。


次回の発表会は、エントリーしないつもりです。
フルートのレッスンの組み立て方や、発表会の参加の仕方も考えないといけません。
これまで、発表会に無理にでも出て自分を追い込むことである程度の上達を感じてはきましたが、このやり方でずっと続けるのは無理がありそうです。

練習も、極力無駄な練習はしないつもりでいましたが、気がつくと時間だけこなしているような結果になっており、時間相応の成果すら出ていないような気がしてきました。

今回の発表会の結果がどうこうというよりは、昨日発見した問題を完全に解消するために、取り組み方を変えたいと思います。

ちょうどよいので、このブログも書き方を変えてみたいと思っています。


今回の演奏の分析は次のエントリーで書きます。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

MIDIと合わせてみるが・・・(RV58)

今日も練習時間を確保しました。


テンポ 70 で MIDI を作り、これに合わせました。実は今回、MIDI 伴奏を使った練習をほとんどしていません。
用意はしていたのですが、そもそもの完成度が悪いので、伴奏に乗せて演奏するところに行き着いていなかったのです。

第 2 楽章、第 4 楽章ともに、メトロノームベースでは、テンポ 70 でも何とかなるようになってきましたが、MIDI と一緒に演奏すると途中で躓いて再起不能になります(笑)。


先日のヴァイオリンの特別レッスンで言われたことが実は気になっていて、とにかく力を抜いてみることを意識するようにしています。
速い部分で躓くときは、大抵手に力が入りすぎています。

確かに、力が入りすぎていると楽器自体も安定しなくなってきて、指を動かすこと自体も苦痛に思えてくることもあります。
気がついたときに、とにかく指の力を抜いて、楽器の安定だけに手の力を使い、必要以上にキーを押さえないように心がけることに。まだ今は意識しながらでないとできませんが、これが無意識にできるようになってくると違うかもしれません。


今のところ、力が入りすぎているときよりはミスの発生率は低く抑えられています。

相変わらず右手が問題・・・。


第 2 楽章はある 1 箇所を除けば随分マシになってきましたが、第 4 楽章は後半がまだまだ不安です。

色々やっているうちにもう水曜日が来ることに・・・(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

練習は詰め・・・(RV58)

いよいよ後がなくなってきました。


土日はレッスンで、日曜日はピアノ合わせをしました。
毎度ながらギリギリなんですが、今回はかつてないほどに余裕がありません(笑)。

テンポを速くすることが現時点では難しく、演奏時間自体の問題もあり、対策を考える必要があります。

できれば削ったりはしたくないのですが、一人ずつの持ち時間が当然決まっているので、最悪どこかを削って短縮するか、死に物狂いでテンポアップを図り、何とか押し込めるしかありません。

とりあえず現時点では、カットするよりはテンポアップができないか考えて見ましょうということに。


ピアノ合わせも、前回の発表会以上に(私の)出来が悪く、ほとんど「合わせ」とかいうレベルではありません。


実は先週は相当量の練習時間をつぎ込んで、少し自信も出てきたのですが、実際にピアノと合わせるとそう簡単に合いません。というより、毎度のことながら、自分ひとりで練習しているときは問題がなくても、他の楽器の音が聞こえているとそちらに気を取られてダメです。

水曜日の夜に再度レッスンを入れてもらい、ここで最終調整。

何とか水曜日までに形にしたいところです。
楽譜も大方覚えてしまいましたが、厳密に言えば楽譜を覚えていると言うよりは演奏を覚えているような感じで、記憶の危ういところは当然あります。

昨日、今日の練習では、16分音符の連続するところを重点的にこなしました。
まだ完成度はよくありませんが、テンポ 66 で何とか指が回る感じ。最低でも 70 くらいには上げないといけません。

できれば 80 くらいまでは行きたいところですが・・・。


明日も何とか練習時間を確保しなければ。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

発表会の場所

さて、秋の発表会ですが、場所が決まったようです。
どうも、今年の秋の発表会は、前回の春の場所と全く同じ場所なのだそう・・・。


これを知って、微妙にトーンダウン。
実はこの場所は客席とステージの間に何も障害物がなく、非常に緊張する要素が高いのです。

すでに 2 回この場所で出ましたが、2 回ともなかなかすごい緊張度合いで、まいりました。これは私だけではなく、他の人もアガりが割とよく分かります。


でもまあ・・・いろいろ文句を言いながらも、出ることにはなりそうです。

昨日のヴァイオリン特別レッスンの記憶が抜けないうちに、9 月の練習計画を考えましょう。

昨日のヴァイオリン特別レッスンでも、曲を演奏するのに、正しい演奏技術を身に着けていることが曲の表情を豊かにするということを改めて言われました。

せっかく取り組む曲が、演奏によってつまらない曲に聞こえないように、演奏技術自体もしっかり蓄積していく必要があります。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ