フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

特別レッスン

ヴァイオリン特別レッスンに見るフルート練習(3)

公開したと思っていましたが、下書き状態のままにしていました。

海の日は妻のヴァイオリン特別レッスンに同席しました。


連続レッスンになっているわけではないのですが、毎回参加希望を出していて、今回で 3 回目になります。

ヴァイオリン特別レッスンに見るフルート練習
ヴァイオリン特別レッスンに見るフルート練習(2)

弦楽器専門誌「サラサーテ」の読者を対象にしたレッスンです。講師は今回も柴香苗先生です。
元々は 3 月の実施予定だったのですが、地震の影響で 7 月になりました。

私はもちろんただの見学者なので、ヴァイオリンのレッスンを直接受けているわけではありませんが、この見学がフルート演奏の実にいいスパイスになっています。


今回も、個人レッスンとアンサンブルレッスンに分かれており、個人レッスン、アンサンブルの順番で行われました。
アンサンブルレッスンは初級者向けと中級者向けがあり、初級者向けは午前、中級者は午後でした。午後から入ったのでアンサンブルは中級者組のみ見ることに。


個人レッスン。
すでに 3 回目となった個人レッスン。やはり言われることは同じです。


「力が入りすぎているので、力を抜く。演奏するのに力は要らない。」


弓を握ろうとしないこと。持つと握るは明らかに違う。
前回のレッスンで、「弓(の重さは)はヴァイオリンに預けなさい」と言われました。要は演奏中は弓は右手だけで支える必要がないということです。
弓を楽器から離して、右手だけで持たなければならないときは、弓を持ったままてのひらを上に向けるようにするだけで、「握らなくても」弓を保持できます。
普段から弓の毛が下を向くように持っているから、どうしても握ろうと思ってしまう。

片方の手の力が抜けることで、もう片方の手の力も抜ける。手や指先から不要な力が抜けると、肩にも余計な力がかからなくなり、より身体にムリのない演奏ができるようになる。

ヴァイオリンを手首で弾こうと思わないこと。
手首を動かして弓を操作することは、不安定さを招くため、肘から下のみを動かして弓を進める。
この手首を動かさないというのは、手首を固定するという意味ではなく、手首のスナップをきかせて意図的に手首だけで動かしたりしないようにするということ。トレモロなどの細かい刻みが必要な場合には手首で行うが、その他のケースでは手首を動かしての演奏は不安定さを招く。

身体が硬いのは、普段の生活が影響していることもある。
ただし、普段身体が硬くても、ヴァイオリンを触っている時だけは柔軟になる人もいる。とにかく訓練次第で身体の硬さは克服できる問題なので、諦めずに訓練し続けること。


アンサンブルレッスンで出たポイント。
ヴィブラートは、補助手段であり、まずはボウイング。
ボウイングをおろそかにしてヴィブラートでどうにかしようと考えてはいけない。
引く前に「一緒に」ブレスを取ること。


最後に今回印象深かったのは、個人レッスンの際に言われたこの言葉。
「ヴァイオリンはまずボウイングが重要です。
あなたの楽器がストラドヴァリウスになったとしても、ボウイングが良くなければ音は決して良くならない。
毎回の練習時間のうち5分でも10分でもいいから、ボウイングの確認に時間を費やしてください」

これは無論フルートにも言えるでしょうね。
フルートの場合だと、ボウイングは息のコントロールといったところでしょうか。
高密度の気流を正確にコントールして自在に吹き込むことができなければ、楽器や他のテクニックがいかに優れていても演奏は決して良くならない。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

ヴァイオリン特別レッスンに見るフルート練習(2)

日曜日は、妻のヴァイオリンの特別レッスンでした。

また見学で同席しました。
仕事の兼ね合いもあり、当日までどうしようか悩んでいたのですが、結局行くことにしました。


このレッスンは、8 月に行われた特別レッスンの 2 回目です。弦楽器専門誌「サラサーテ」の読者を対象にしたレッスンです。講師は誌面で連載されている柴香苗先生。

今回も会場は銀座ヤマハの弦楽器サロンでした。
前回の受講者も何人か参加していたようです。

アンサンブルのレッスンと、個人レッスンの 2 本立て。
この特別レッスンは、試行錯誤で毎回どう組み立てていくのがよいかを検討している最中のようで、前回のレッスンでは時間に対してボリュームが多すぎたという意見が多かったことから、今回は曲数を減らして時間を拡大。

前回はなかったチェロが入り、人数も増えました。
私は端の方で見学(笑)。
今回も全員女性でした。


以下、アンサンブルレッスンで出たポイント。

アンサンブルでは、音程を合わせることはもちろんですが、拍を完全に合わせることがさらに大事。
わずかなズレが、和音の汚さを露出させてしまうとのこと。

リズムのうちどこを合わせるかを意識すること、また合わせることを意識しぎるあまり、拍の終わりを適当に切らないこと。
与えられた拍の長さは最後まで音にする。


個人レッスンでは、「無駄な動きを極力しないこと」を強調されていたのが印象的でした。
前の時間の個人レッスンの様子も少し見ることができました。前の方も弓の持ち方について、同じよう力の入れすぎだと言われており、フルートでもよく言われる「脱力」がいかに大事かということが分かります。

とにかく、自然に構えて力を入れなければ、普通に音が出せるのがヴァイオリンで、余計なことをするから音が悪くなったり変に疲れたりするのだそう。

フルートも気がつくと腕や指に力が入っていて、こういう状態だと確かに速い動きができませんし、疲れも出ます。


以下、ポイント。

弓の持ち方について。小指はほとんど使用しない。
使うときは支えのみ。

弓は持っていると重いが、ヴァイオリンの弦に弓を預けることで右手に力を入れる必要はなくなる。
右手に極端な力が入っていることによって、弓の動きが悪くなる。
ヴァイオリンの音の発生は、右手の弓が肝であり、右手の柔らかさがその後の演奏技術に大きく影響する。


音程はチューナーを頼りにしないこと。
チューナーは使ってもよいが、チューナーを視覚的に確認しながら音程を取ろうとし続けていると、音程感覚がいつまで経っても身に付かない。また、チューナーで合わせていると純正律で合わせていることになり、平均律で調律されているピアノと合わせたときに音が低くなり、全く合わなくなるという問題も出る。

(ピアノで音程が取れず)チューナーを使う場合は、初めからチューナーを見て合わせるのではなく、音を出して耳で確認した後、チューナーを見るという使い方をすることが望ましい。


前回の個人レッスンのときも、ヴィブラートの手の動きの間隔を掴むため、手首を柔らかく動かす訓練を教わりました。
今回もその続きで、指と手首の柔らかさについてお話を聞きました。

元々の身体の固さは、ほとんど問題にならないのだそうです。
訓練次第で十分柔らかくなるとのことで、できるだけ力を抜いて緩やかに手首を動かせるようにする訓練を続けることが大切だということを言われました。


聞きながら、指導の内容はすべて自分に言われているような感じに聞こえました。
あまり練習時間が取れていないこともあるのかもしれません。とにかく曲練習で細かい動きのある部分を重点的に練習するとき、無意識に肩が上がり、指にもかなり力が入っています。

キーのメカニズムに負担がかかるのではないかと思うくらい力が入っている時もあります。

最近は右手が特に疲れるため、気づくたびに力を抜かないといけないとは思っていました。


脱力すべし。

今回も勉強になりました。


最後に最も印象深かったのが、次の言葉。

「レッスンというのは、どれだけ恥をかいてもいい場所なんです」

ヴァイオリンというのは、(弾き方が悪ければ)どこまでも汚い音の出る楽器。
その汚い音をどれだけ出してもいい場所は、レッスン。

レッスンで教える先生は、それを理解しているので、いい音にならなくても大丈夫だと言い続ける。まさに(自分の音に失望しようとする)生徒との根気比べ。
とにかくレッスンの中ではどれだけひどい音になってもいいので、納得が行くまで徹底的に指導してもらうこと。


やはりフルートにも言えますね。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

ヴァイオリン特別レッスンに見るフルート練習

しばらくブログを更新していませんでした。

一応練習時間は取るようにしているのですが、レッスンはやや停滞気味です。

8 月のレッスンはもう終わってしまいましたが、予定にしていた第 4 楽章の終了には間に合わず、最後のブロックを残すことになってしまいました。あと 2 週くらいで第 4 楽章を一旦通して、第 2 楽章も触りたいところ。


今日は、妻のヴァイオリンの特別レッスンに付き添ってきました。
このレッスンは、弦楽器専門誌「サラサーテ」の誌面レッスンを連載されている柴香苗先生によるプライベートレッスンです。

会場は銀座ヤマハの弦楽器サロンでした。
レッスン対象者は、ヴァイオリン経験 3 年程度の読者。

(ヴァイオリン演奏という趣味は) これから 30 年は十分楽しめるので、焦らずに今からの半年、1 年を使ってじっくり基礎固めすることでその 30 年がすごく楽しいものになるという話をされました。

私にはちょっと耳の痛い話・・・。


個人レッスンでは、ヴィブラートのかけ方について指導してもらうつもりでいたようですが、まず弓の持ち方、弦へのアプローチの仕方など障害となる部分の話をされました。

それからヴィブラートを正しくかけられるようになるための運動や腕の動きの感覚を掴むことについてのお話。

とにかく力が入っている状態ではだめだということ。
この辺は、フルートにも言えますね。


私も最近は 1 時間を超えて連続で練習していると、きつくなってきて、途中で休憩を入れたりしますが、これは力が入りすぎているのかもしれません。

ポジション移動の練習をしている段階にあっては、並行してヴィブラートの練習をすることは、あまり勧められないということでした。
ヴィブラートの習得はもっと後になってからでも十分で、まず正確な演奏ができること、ポジション移動が難なくできるようになる状態になってからヴィブラートを練習しだしても問題ないとか。

このことも、フルートにはそっくり当てはまりそうですね・・・。


結局、30 分のレッスン時間で、ヴァイオリンを弾いたのは数十秒程度、時間の大半はお話と腕の感覚を掴むための運動で占められました。

私も一度特別レッスンを受けたことがあり、やはり同じように楽器を使った時間は本当に短くて、先生の話を聞いたり感覚を掴む練習をすることに大半の時間を使いました。

(私の場合は習いたてだったということもあって、まともに楽器を演奏できる状態ではなく、基礎の確認をしてもらったという印象が強いのですが・・・。)


違う先生に指導を受けるというのは、普段のレッスンでは言われないことを聞けますし、すでに自分の先生に聞いた内容を別の言葉で再度教わることもできますから、時間は短くてもかなり有益ですね。

楽器は違うけれども、自分の練習に応用できそうな物もありそうです。


大人になってから楽器を始めるということは、(日常生活によって) 筋肉の動きが確立されてしまっている状態から始まるということ。楽器の演奏というのは、自然行動ではないので、一定の運動で筋肉に感覚を覚えさせる必要がある。

また、子供と違ってすでに負担のかかっている身体なので、間違ったやり方を続けているとすぐに身体に反応が出る。長く楽しむためにも、正しい演奏方法を身に着ける必要があり、この点について言えば、子供のころから始めるよりもメリットがある。(子供の場合、無理がきくので、多少無理な姿勢や奏法でもなんとかなってしまい、そのまま進むとのちに大きな問題になる)


自分の練習にも反映させたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ