フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

ロングトーン

持続音の練習と言うらしい

またまたタファネル&ゴーベールについてです。


「いったいどれだけタファネル&ゴーベールが好きなんですか!?」

と言われそうです(笑)

好きかどうかは分かりませんが、今はどっぷりこれにハマっています。
しばらくあなたにも付き合ってもらうことになります。

タファネル&ゴーベールと言っても、日課練習じゃありませんよ。
「Methode Complete」の方です。


「タファネル&ゴーベール 完全なフルート奏法(Methode Complete)」を読んでいて、思わず噴き出した箇所がありました。
この本、読んでいて「思わず笑ってしまう」箇所がかなりたくさんあります。

悪い意味で笑うんじゃないですよ。
びっくりするくらい、僕が以前よく聞いていた話と同じことが出てくるんです。

そしてそれらは、他のブログでは残念ながらほとんど聞きません。


その前に・・・

大半の人にとって、タファネル&ゴーベールの日課練習よりも大事なもの

tetsuさんからコメントをいただきました(^^)

T&Gの4番をロングトーンの替りに使っています。2,3時間/週アマオケで吹く程度ですが、まっさきの練習がこれです。

ロングトーンという意味不明の言葉より、同じ音質で指だけ動かす練習のほうが、短い時間でも役に立っているような気がしています。

ソノリテも昔はレッスンでやったことがありますが、難しすぎました。最後のページから遡ったほうがよっぽどいいです。

これ、その通りなんですよね。
コメントありがとうございます。

音を伸ばすのは、自分で吹いていて気持ちがいいので、ついついやってしまいがちです。

「タファネル&ゴーベール 完全なフルート奏法」の訳注に、非常に面白いことが書いてあります。   

1)原文では、毎日の練習計画の火曜日、水曜日、土曜日の箇所に出てくる「持続音」をフランス語ではSon filets、英語ではsustained notesとしています。我が国では一般に「ロング・トーン」という言葉が使われていますが、この言葉は意味不明なので、使わない方がよいと思います。レッスンの時、生徒には「長い音を出してごらんなさい」くらいの意味でなら使っても構いませんが、ただ音を長く引っ張るだけでは練習の意味がないからです。

タファネル&ゴーベール 完全なフルート奏法 p.8

「この言葉は意味不明なので」と言い切っている辺りが面白いですね。 何度読んでも笑ってしまいます。


私もフルートをやり始めてあまり間もないころに、Sonoreさんに同じようなことを言われました。

息の持続


音を長く伸ばす練習をしていると、出だしがまずくても、後で軌道修正できると錯覚してしまうんですよね。
実際、これは今でも結構やります。

気が付いたらやってしまっています。

なんか調子が悪いなと思いながら吹いていると、音色を探るのに無意識に音を伸ばし、納得のいく音が出るまでこれをやってしまうわけです。
意識的にしているのならいいんでしょうが、毎回これをやっていると、いつまで経っても「途中で軌道修正することを前提に音を出す」ようになります。 
 

この本でいう持続音の練習というのは、ソノリテでいう「低音の柔軟性」の練習とほぼ同じです。
この練習は、レッスンでもよく見てもらいましたし、自分でも時々思い出してやってみたりします。

さすがにこの練習でロングトーンという言葉が出てきたことはありませんが、ソノリテは半音階下降を「ロングトーン」と言う人もいるみたいです。


ロングトーンをやる時間があったら、クリアで「生気のある」基準音を作った後で、タファネル&ゴーベールの音階練習でもやった方がよっぽど効果があるということですね。

アーティキュレーションが違うだけでもフィンガリングは怪しくなるので、音を維持しながらこれやるほうがはるかに収穫がありそうです。
 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

フルートの音色を決定づける要素

昨日、読んだブログで面白い内容の記事を見つけました。


このブログでも何度か話題になったテーマで、フルートの音色は何で決まっているかという問題です。


フルートでいうタンギングの部分(他の楽器は何と言うのでしょう?アタックでしょうか)をカットして、その後のロングトーンの部分だけを録音した音を聞かせたのです。


タンギングの部分を含めて聞かせると、簡単に全員正解することができました。


この実験から、楽器の音色を決めるものは、タンギングの部分であることが分かりました。

タンギングがフルートの音色を決める|風の谷のフルート



いわゆるロングトーンで長く伸ばしている音を途中から聞いた場合、何の楽器の音なのかよく判別できないというやつです。

私もレッスンでは何度なく「タンギングが甘い」と注意されます。

気がつくと、伸ばした音の中腹で最良の音色感が得られるように吹いてしまっているようで、録音で聴き返すと実にひどい音色だと思うことがよくあります。


このブログの記事は、事実だけを見ると、ああそうなんだと思うだけですが、結構重要なことを知らせてくれていると思います。

音の出だしとなるタンギングが音色を決めているということになります。

もちろんそれが全てではないのでしょうが、ロングトーンなどで音の中腹がいくら美しく感じようと、タンギングをしっかり行わないと、明瞭な音は聞こえないということです。

また、ロングトーンというのは、長く引き伸ばした音を自分で聞いていると、非常に気持がよいものです。これにヴィブラートでもかかろうものなら、段々心地よくなってきて、その引き伸ばしている音の音色だけを気にするようになります。

しかし、長く引き伸ばしている音は、自分以外には対して綺麗に聞こえていないということになりますね。


注意を払うなら、音の発生から理想の音が出るようにしないといけないわけです。

ロングトーンで悦に入って自分の音に満足していてはダメということですね。


音の発生がすべてを決めてしまうということです。

ことあるごとに度々タンギングが甘いと注意されるのですが、これの真意がようやく分かった気がします。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ