フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

フルート協奏曲

発表会の結果と考察

昨日の発表会を終えての考察です。
分かったこと
  • やはり緊張による脚の震えがあり、息も細くなる傾向があった
  • 今回は客席に目を向ける余裕があった
  • 順番が後の方だったことが少し幸いした(客席から見て、演奏がどう聞こえ、演奏者がどう見えているかが分かるため、自分が演奏するときもイメージできる)

会場が前回と違い、客席と少し距離があった(高低差含む)ことも、少し影響していそうです。
前回は、最前列が譜面台の目の前で、かつ舞台と客席が同じ高さ、同じ明るさだったため、自分の様子がすべて伝わっていると思うと緊張の度合いはかなり強いものでした。

今回はステージと客席に高低差があり、照明の明るさも違うため、前回ほど気になりませんでした。
先に演奏する人の様子を客席から見ることができ、思っているより緊張の度合いは伝わらないことが分かっていました。

舞台上でパフォーマンスをするときは、「聴いている人をいないものと思う」のではなく、「聞いている人の顔をよく見渡す」ことが一番大事だという内容の記事を本か、ブログかで読んだため、これもやってみました。演奏中も、できるだけあちらこちらに視線を配りました。(とりあえずそのくらいの余裕がありました)

通っている教室の電子ピアノコースがストップしているせいか、前回まで多かったピアノの出演者が激減しました。

サックスで出ている人は、ほとんどがマイナスワンCDでの演奏でした。
ヴァイオリンでも何人かマイナスワンで合わせて演奏している人がいましたが、やはり極度の緊張のためか、途中で一時停止してしまった方もおり、マイナスワンではこういうときの軌道修正がかなり難しいことを改めて思い知ります。

フルートは、私とほぼ同じか、少し長いくらいのフルート歴の人が何人か初出演しました。
緊張により、音がしっかり出ていない人が多かったように思いますが、一様に演奏は正確だったと思います。

むしろ転びまくりなのは私くらいだったのかもしれません。

残念ながら、今回聴いた演奏の中では、その演奏で強烈に驚かされた人はいませんでした。

先生と二重奏で出る人が多かったように思います。特に同じ楽器の二重奏は、どうやっても巧拙の対比が目立ってしまい、私には絶対できません。

「『歌の翼』による幻想曲」を演奏した方が、一番印象に残りました。私も将来演奏してみたいと思っている曲で、難易度もよく分かっているつもりです。特に優れているという印象ではありませんでしたが、1音1音がはっきりしており、ちゃんと音楽になっていたと感じました。

ヴィヴァルディのフルート協奏曲「夜」に取り組むにあたり、このブログで書いたエントリーをまとめてみました。
タイトルでおおよそ内容が分かるようにはしているつもりですが、連想しづらいエントリーのいくつかには主なテーマを書いています。

録音も聴いてみました。
転んだ箇所は総じてひどいものですが、フルートの音質は思ったほどしぼんでおらず、少し安心しました。

本番で間違えた箇所を記録し、確実に演奏できるようにしたいところです。
発表会の演奏時間制限により除外した、第2楽章、第3楽章、第4楽章もぜひとも吹けるようになりたいものです。

第2楽章は、緩徐楽章である第1楽章との対比として、夜の恐ろしさをあらわすための重要な楽章で、これも入れたいところでした。
「急−緩−急」の3部構成が多い協奏曲の中で、「緩(1)−急(2)−緩(3)−急(4)−緩(5)−急(6)」の特異な構成を持つこの協奏曲を、「緩(1)−緩(5)−急(6)」で演奏したのは、変といえば変かもしれません・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

決戦、フルート協奏曲「夜」

ようやく発表会が終わりました。

演奏の途中、何カ所も怪我をしましたが、意外にも割と好評だったようで、助かりました。

やはり練習でも100%うまく行かないところが本番でうまく行くはずもなく、危険だと思っていた箇所は軒並み転びました。

第1楽章

繰り返しフレーズの3回目で早くも転ぶ。ここは息が続けば全部一息で吹き通したいところで、途中でずれるとピアノのリズムと合わせづらくなるので、1フレーズスキップしてつなぎました。

後半のトリルは思っていたより自然につなげたような気がします。

第5楽章

ここは、もっともフルートらしい部分でもあるので、拍のカウントも合わせて十分対応できるようにしたつもりでした。

しかし、どうもピアノのテンポが思ったより遅かったのか、途中で妙に合わなくなりました。こちらも無理やり軌道修正して何とかつなぎます。

第6楽章

ここまで来ると結構手も熱くなっています。
やはり前回同様、緊張からくる身体の震えもあり、呼吸があまり安定しません。

フルートソロの箇所は大きなミスをしていないつもりですが、事前に危ないと思って何度も特訓した箇所は、やはりミスしました。(ミスするかもしれないと思っている箇所は、だめなのでしょう。)

問題の終結部も、部分的には外しましたが、何とかスピードを止めることなく最後まで吹き切ることができました。

今回の発表会が終わり、ここ数カ月に渡ったフルート協奏曲の練習には一区切りついたので、この曲で分かったことを元に次にやることを考えたいと思います。

昨日までは、次の発表会には出ないで、音づくりや奏法の基礎を再考しながらアルテスを進めようかと思っていました。しかし、終わってみると、やっぱりどうしようかと少し迷ってしまいます・・・。

今のところ、奏法の見直しをやる線がかなり有力です。
曲の練習で奏法を習得できるのが一番よいのですが、簡単に転ばないだけの演奏リテラシーくらいはちゃんと整備しておかないとだめだと痛感しました。

発表会の考察については、別途改めて書いてみたいと思います。


タイトルが意味不明だったので、書き直しました。(2008/11/17)


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン #67 (フルート協奏曲 ピアノ合わせ3)

今日は、発表会前の最後のレッスンでした。

第1楽章から、第5、第6楽章を順に合わせ、どこでピアノを弾く先生にサインを送るかなども決めました。 「タイスの瞑想曲」のときは、そもそも旋律通りに吹くだけで精一杯だったため、伴奏はただ合わせてもらっているという意識でしかありませんでしたが、今回は一応「協奏曲」なので、フルートのパートを演奏しつつ、ピアノを聴きながら協奏したい意識はあります。

元々「伴奏」という言葉に抵抗があるのですが、今回のピアノ伴奏は弦楽オーケストラの代わりなので、もはや「合わせてもらう」とかいう意識ではダメだと思います。

いや、実際は今回も先生にピアノで合わせてもらっているところはかなり大きいのですが・・・。

相変わらず終結部はまだ転ぶところがあったり、出来は必ずしもよくないのですが、何とか演奏はできているような状態です。 過去のピアノ合わせレッスンの中では一番よいと言われました。

あと1週間あればもっと良くなるかもと思いつつも、人差し指はすでにちぎれそうなくらい痛いし、さらに課題が増えないとも限りません。 実際あと1週間あったとしても、また同じことを考えそうです。

フルート1年でこの曲の演奏となると、まあこの辺りが限界なのかもしれません、と割り切ります。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

チェロ・ソナタを聴いてみる

ファゴットに続いて、NAXOSでヴィヴァルディのチェロソナタを聴いてみました。

フルート協奏曲「夜」のイメージに合う音色を探っています。

こちらはファゴットよりも温かみのある音ですが、やはりイメージがちょっと違います。 無伴奏の演奏でも聴くとイメージが出てくるでしょうか・・・。

有田氏の演奏に出てくる低音は、確かファゴットです。 NAXOSで見ると、「Bassoon」のほかに、「Baroque Bassoon」なる楽器もあります。これだと少し音色が違うのでしょうか。

思い描くイメージとは一致しないものの、低音域の楽器の演奏をしばらく聴き続けているため、出せるかどうかはともかく、フルートで強い音を出すイメージは少しできたような気がします。

フルート協奏曲、第6楽章はかろうじて最後まで演奏できるような状態にはなりましたが、まだ終結部で転んでしまいます。 ほかにも不安な箇所がいくつかあり、ここを重点的に補完していこうと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

フルート協奏曲の練習経過

MIDI伴奏でも割と合わせられるようになってきました。 しかし、まだスムーズに演奏し切るレベルとは程遠く、あと数日の間だけでも毎日練習する必要はありそうです。

とにかく連日練習しているため、左手の人差し指は、千切れそうな感じです。 この1年間で今までこんな状態にはならなかったので、タファネル&ゴーベールなど、比較的難しいフレーズの練習をいかにやっていなかったかがわかります。

しかし、感覚はずいぶんつかめてきました。MIDI伴奏のテンポは速めですが、以前ほど混乱することはなくなりました。

速度に慣れることと、途中で止めずに最後まで演奏する練習を繰り返しつつ、不安な箇所を取り出して完成度を高めていけば、何とかなりそうな気はしています。

しかし、演奏時間は間引いて6分ちょっとなのに、第6楽章の最後の方は手の汗で楽器を満足に支えることができず、困り果てました。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン #66 (フルート協奏曲 ピアノ合わせ2)

日曜日は前日に続いてレッスンでした。

通っている楽器店のイベントで、各店舗のフルート講師4人によるアンサンブルのコンサートがあり、これを聴くことに。 すべてコンサートフルートですが、聞き応えはありました。至近距離だったということもあり、4人の音を十分聞き分けることができました。

楽器店のイベントは、定期的(?)に行われている楽器即売会を兼ねており、フルートも並べられていましたが、すべてコンサートフルートだったので特に深く物色することもしませんでした。新たに楽器を買うとしたら、音域の違う楽器が欲しいところです。

レッスンは、フルート協奏曲をピアノと合わせます。私はこの段階になってもまだピアノに合わせてすらすら演奏できるような状態にないのですが、あまり時間がないので伴奏合わせも何度かはやっておく必要があります。

第1楽章、第5楽章、第6楽章全部を通しました。第5楽章は曲自体がかなり短いため、レッスンでもほとんど時間を割いていない楽章でした。少し心配はしていましたが、何度か合わせれば大丈夫なようです。

問題の第6楽章はまだ確実に吹き切ることができませんが、しどろもどろながらに何とか最後までは行きつけたような格好です。 先生にはあと1週間あれば大丈夫だと笑って言われましたが、妻は絶対無理というような顔をしています。私は最後の1週間で仕上げてやると意気込みながらも、悲観的な顔をしないこの先生でよかったと思ってしまいました。

第1楽章は、ピアノ伴奏が徐々に低くなってくるので、フルートもそれに合わせてやや重い感じで演奏した方がよいとのこと。なるほど。

強烈な不気味さを演出できるような音を目指したいと思います。

しっかり協奏できるようになりたいものです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

レッスン #65 (フルート協奏曲 ピアノ合わせ)

昨日はレッスンでした。

ピアノ伴奏に合わせて第6楽章。本来なら最終調整段階なのですが、私はまだそんな状況ではありません。
相変わらず速い句のところは混乱して指がもつれるので、途中で止まり気味に。

最後の終結部分はどうしても止まれないので、止まらずに吹き切れるようにするようにとのこと。

指の汗がかなり気になります。
単に汗なのか、キーの穴から出る水分なのかわかりません。

これに加えて、最近、このキーの穴を「塞ぐ」こともストレスになりつつあります。

指のどの部分で塞ぐのかあまりよく考えていなかったので、キーの中心を指先の中心で押さえる感覚で練習していましたが、正確に塞ぎさえすれば指の腹で押さえようが指先で押さえようが大して違いがないのではないかと思い始めました。

人の演奏をみると、指の腹で押さえているように見えるものもありますが、自分でやってみると結構キーを「叩く」ような押さえ方になってしまいます。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

次の予測ができない

昨日はやや長い時間練習に時間を割きました。

第1楽章は、メトロノームを使った練習で吹けるようにした後、MIDI伴奏に合わせて演奏してみました。
第1楽章は何とかMIDI伴奏とは合わせられるようになってきました。MIDIに合わせることが目的ではありませんが、できないよりはできたほうがよいはずで、自分の演奏をしながらピアノを聴く余裕が持てるかどうかは非常に大事だと思います。

どうやら、演奏中に現在歌っている箇所に手一杯になってしまい、次に吹く句にまで気を配れないことがひとつの原因になっているようです。 実際確実に覚え切っている部分では、まず止まりません。

次の句を予測し切れないところに問題があるようで、これは楽譜を見ていても同じです。

左手人差し指の付け根がかなり痛くなってきました。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

量的練習

昨日の練習で、曲練習にもメトロノームが要るということが分かったため、今日の練習ではメトロノームをつけてやってみました。

昨日の練習では第1楽章止まりだったため、一通り流したいと思っていましたが、相変わらずなかなか第1楽章が納得のいく出来にならず、結局第1楽章だけを延々とやることに。
今日は妻と合同で練習したため、また「音がかき消される問題」に遭遇し、気分もダウン。

間違えずに演奏できても、音質が悪くなると途端にストレスになりますね。

これはもう何度となくやられている問題で、音の確認が大事なときの練習は合同でやらないようにしようと思いながらも、なかなか実行できません。

テンポを守りながら、リズミカルに指が動くようになると、特有の楽しさはあります。
指を意図どおりに動かせるようになるには、ある程度量的な練習も必要なのでしょうね。

間違える確率を限りなくゼロにできるところまで持ち込めれば、自信にも繋がりそうです。

漫然と練習しないようにしようと思いながら、実は意識的な練習を的確にやっていなかったのかもしれません。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

曲の練習にもメトロノームが必要

今日の夜、カラオケボックスで1時間練習しました。
しばらく極秘練習を続けることになりそうです。

今日の練習のテーマは、「伴奏といっしょに演奏することに慣れること」です。

まずは、第1楽章。今日の1時間は、第1楽章だけで終わりました。
一人で吹いているとまったく問題なく演奏できます。心地よいくらい。しかし、ピアノと合奏するととてもじゃありませんが曲になりません。

第1楽章は短いので、楽譜は暗譜できており、一人で演奏していて間違えることはまずありません。
しかし、ピアノ伴奏と合わせると途端にだめです。

最初は伴奏が聞こえない(またはよく聴いていない)ために、うまく演奏できないのだと思っていました。

何度試してもだめで、絶望的なくらいに合いません。

フルートを置いて、ピアノ伴奏を流しながら、手を叩いてみることにします。
実際これもすぐにはうまくいかず、数回やってようやく合うように。再び楽器を取って、伴奏なしで吹くと、やはり問題なく演奏できます。

そこで、その伴奏と合わない箇所を中心に、今度はメトロノームを使って吹いてみると、まったく合いません。
これまで一人で曲を練習するときは、チューナーを置いておくことが多く、メトロノームはほとんど使っていません。私の使っているメトロノームは、チューナーと兼用で、片方しか有効にならないのです。

一人で演奏していると、どうやら適当なリズムで練習しているらしいということが今になって判りました。

CDの録音を頼りにして練習している部分もあるので、完全にメトロノームと一致するのが正しいのかという問題はありそうですが、伴奏のリズムに合わせられないことの原因のひとつとして認識してもよさそうです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ