フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

ジェフリー・ギルバート

右手親指の位置

ジェフリー・ギルバートのレッスンシステムのエントリーが昨日付けで投稿されているのを見て驚きました。

予約機能で 16 日に定刻に公開できるようにしていたつもりなのですが・・・。操作間違いかもしれません。


今日はレッスンでした。


ソノリテとアルテス。
ソノリテは、レッスンのメニューとして組み込んだ半音階下降と上昇を見てもらいます。

自分ひとりで練習するときはまともでも、レッスンで先生の前でやってみるとなると、やはり問題が出るようで、依然として音の発生時音潰れ問題が直っていません。

問題は根深そうです。


レッスン中に、右手が上がりすぎているのではないかという指摘を受けました。
確かにほとんど水平に近いような感じで上がりすぎているようです。

右腕や肩はそれなりに疲労感もあるので、右腕の上がりすぎは原因としてありそうです。


先生に右手の親指の位置を聞いてみました。
指のどの部分で管を支えているかということです。

親指の第 1 関節より先の左半分(指の腹を正面とした場合)を管に当てて支えているようです。私も今は爪の側に近い親指の左部分を使って支えています。

先日のジェフリー・ギルバートの本で、妙な解説があったので、気になったのです。
この指の位置は、先生によって教え方が異なるということは以前から知ってはいました。

ジェフリー・ギルバートの本では、親指は指の腹を管と平行になるように持つと書かれており、指の腹は真上を向くように構え、キーを押さえる指と完全に対向するようにと書いてあるのです。

これは、一般的な日本人の手の構造では、かなり難しいのではないかと思います。
親指は他の 4 本の指と完全に真向かいに動く指ではないので、意識的には「平行」にできても、実際に平行に持つのは無理があるように思います。

手元に本がないので、この件は別途エントリーを書きたいと思います。


アルテス。
緩やかにヘ長調を進行。以前と違う課題ですが、スラーとスタッカートの混じる譜例でスタッカートをうまく表現することができず、ただ伸ばすだけになってみたり、独立した単音に終わってしまい、スラーのかかった後続の音楽に全くつながりません。

それでも、こういう小さい課題をあれこれ悩みながら、解いて納得していく過程も以前より楽しくなりました。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

ジェフリー・ギルバートのレッスンシステム

「フルート奏法 成功への鍵 ジェフリー・ギルバートのレッスンシステム」という本を市の図書館で発見し、借りてきました。

市立図書館にフルートの教則本を何種類も収蔵しているというのは、あまりないかもしれませんね。

実は以前にも背表紙を見た記憶があり、先日のロックストロ・ポジションの件で出てきた「ジェフリー・ギルバート」という人の名前から、この本を思い出しました。

PIPERS の記述によれば、トレヴァー・ワイは、師のジェフリー・ギルバートよりロックストロ・ポジションを紹介されたとありました。 その内容がこの本にもあるかもしれないと思ったのです。

ざっと見た限りでは、ロックストロ・ポジションに関する記述は見当たりませんでした。

それどころか、割と世間で定説になっている楽器の組み立て方、構え方がそのまま紹介されているような感じです。 この本が本人の著作というわけではないということも起因しているのかもしれません。

  1. 楽器を組み立てるときには、歌口や、胴部管と足部管のキーのメカニズムの部分を握らないようにしなければならない。これらの繊細な部分は、簡単に曲がったり傷ついたりする。
  2. 頭部管を胴部管につける時は、歌口の穴の中心が胴部管のキー(インライン・キーもしくは A キーを用いる)と一直線になるようにするか、ほんの少し口のほうへ回しなさい。
  3. 胴部管を足部管と組み立てるときは、足部管の心棒が、胴部管のいちばん端のキーの中心にくるようにすべきである。この部分の組み立て方のもうひとつの方法は、D# キーのふちを胴部管の心棒の少し下にくるようにすることである。
  4. フルートを吹くときは、メカニズムの部分が真上にくるようにし、キーが前後に傾かないようにしなさい。

フルート奏法 成功への鍵 ジェフリー・ギルバートのレッスンシステム 第 3 章 基本的技術の原則 (p.29)

2. と 4. は、トレヴァー・ワイの主張とはまるっきり違っています。

ブレスコントロールの仕方など、あまり厚い本ではないにもかかわらず体系的に記述されているようです。しばらく読んでみて、また紹介したいと思います。

フルート奏法 成功への鍵―ジェフリー・ギルバートのレッスン・システム
著者:アンジェリータ・スティーヴンズ フロイド
音楽之友社(1995-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ