比較的最近になって、ようやく分かり始めたことがあります。


意識はしていたつもりでした。
でも少なくとも数年前までは、それがどういうことなのかまでははっきりと分かりませんでした。

もちろんフルートについてのことですよ。


何だと思いますか。
過去のエントリーや、他のブログを探してみても、ほとんど見当たりません。
特に本や雑誌、ブログではまず見つけられません。


私は随分前に、これを何度か直接言われたはずでした。
そのときは「それはそうだよね」とは思っていたのです。

思っていたのに、意識できていたのに、はっきりと自分の中に意識づけることまではできていませんでした。
自分で気づいていなかったからでしょうね。


さて、それは何でしょうか(笑)

それは練習をそもそも間違っていたということです。
はい、間違っていました。

間違えまくっていました。
無理もないことなのかもしれません。


楽器のレッスンを受け始めたときから、何となく気になっていることではありました。
別にレッスンの悪口を言うつもりはありませんよ。

大人の音楽レッスンというのは、そういうアプローチなのですから。


でもこれに甘んじていると、いつまで経っても変わらないということに、今になってようやく気づきました。

最近はもうほとんど読まなくなってしまいましたが、フルート関連のブログの大半は、楽器に関することです。
楽器のこと、そして楽器をどう鳴らすかということ。

音質とか音色についての話も同じですね。


このブログにも、その手の話は山ほどあります。
興味がそれに向かってしまっているので、他のことに気が回らないのです。

私もフルートを始めてから、随分長い間、フルートの「音」についてずっと考えてきました。どうやっていい音を出すか。それだけですよね。
ひたすらそんなことばかり考えていたわけです。

それはそれで収穫はありました。


確かに音質はよくなりました。
人に聞かせても、「よくその楽器でその音色が出ますね」と言われるまでになりました。
多分同じくらいの経験、あるいはもう少し上級の人よりははるかにマシな音が出せるんでしょう。

でも、それどまりなのです。
音楽は全然ダメでした。
曲が曲になっていないような気がするわけです。


これって、私に限った話ではなく、日本人は結構陥っている罠なんじゃないかと思います。
細部から入って、細部にこだわり続けてしまうという病気です(笑)

いつまで経っても本質が分からず、細部だけがよくなっていく。
何か知らないけど葉っぱだけはやけにリアルで、幹は細いんです。



どうですか。
あなたも同じように思い当たることがあるでしょうか。

戦い方も知らないのに、剣の刃をずっと磨いているような感じですね。
切れ味はいくらよくても、当たらない。そもそも満足に構えたり振り下ろしたりできないわけです。

順番が間違っているんですよね。


剣に詳しくなりたいわけじゃないんですよね。
剣の使い方を極めたいわけでもありません。
それを使って戦いに勝ちたいわけです。


本当に演奏できるようになりたかったら、剣を刃を磨いている場合じゃありません。
戦い方をまず覚えないといけないのです。

まあフルートを手に持って音を出すのはやっぱり楽しいですけどね。
 


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ