今年のレッスンの方針として、今の先生の流儀で新たにレッスンをやり直してもらうことにしようかと思います。


以前の先生に習っていたことと、私が個人的に勉強したことなどを勝手に取り入れて混ぜながら自分なりにやったりもしていましたが、結果的にこれが遠回りなっていたり、レッスンの障害になっている可能性もあります。

自分で考えて、個人的に調べたことなどを踏まえて音色研究をするのは大きな効果があったと思います。

これは今でも全く無駄ではありませんでしたし、普通にレッスンを受けていただけではまず習得できなかったのではないかと思います。


しかし、普通にレッスンを受けていればとっくに習得できていたものもあるような気がしています。

自分で能動的に調べたことを取り入れて試行錯誤していくことは、決して悪いことではないと思います。しかし、それが効果的に働くのは、一定レベル以上の技量を会得した後だと感じ始めています。


一度、このタイミングで敷き直してもらうのも良いと思います。
私自身も相当に素直にならないといけません・・・


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ