最近、物事にこだわりがなくなったことを感じています。
フルートはまだマシなほうですが、その他のことは本当にこだわりが薄くなってきました。

没頭できる趣味や仕事、専門分野に以前ほどのめり込めないのです。

しばらくはこのことをほとんど意識していませんでしたが、最近になって妙に気になってきました。
これはよくありません。


思い出してみれば、プログラミングでもゲームでも、その当時ハマったことは、寝る間も惜しんで熱中できるほどの情熱みたいなものがありました。まさに四六時中そのことを考えていても全く苦にならず、逆に他のことが考えられないほどです。

フルートは今もまだ意識的に練習しているし、音色づくりや練習方法も常に気にはなっています。
ただ、以前ほど熱中はできていない感じです。

フルートアンサンブルに入ったことは救いでした。
もしこれに入っていなかったら、今よりももっと熱は下がっている可能性がありますね。

フルートは、音質だけは今も異常なくらいこだわりを持っています。
これと同じように、フルートそのものや、練習に対しても熱中できるようにしたいものです。
そうなるとまたレッスンの姿勢なども変わりそうです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ