昨日の個人練習で RV 533 とごしきひわを少し吹きました。


ある程度形にはなってきましたが、楽譜をにらみ続けながらじゃないと演奏できないのは相変わらずで、まだ指回りも怪しい感じです。

音階練習も一応やってはいるのですが、最近タンギングの問題だったり色々と考える必要のあることが出てくるので、少し練習しては次のメニューという繰り返しです。
音階練習の量を多少増やして、指をあまり意識することなく流せるようにしたいと思っています。


もう一つ問題があり、右手人差し指の「タコ」です。

これが曲者で、もうできてから随分経ちますが、これがあることが原因なのか、出す音によっては楽器の安定に問題の出ることがあります。

いつになったら、楽に安定して演奏できるようになるのやら・・・。


アンサンブルの曲練習も、個人練習ではパート練習にしかならないので、1 回の練習時間でそう何度も回数をこなすのが気分的に難しく、いつも 1、2 回通してやめてしまいます。

次の定期練習までに、問題は解決しておかないと。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ