久しぶりに昔よく聴いていた CD を聴いています。

目指している音色を思い出すためです。


いつしか、自分の出せる「相対的にいい音」が目指す音になってしまっていましたが、本来目指していた音は、まだこんなものではありません。

高音は気持ちよく鳴るようになってきたものの、まだ鳴らしている感覚で、一度吹くとずっと同じ調子の音色です。


鳴っているのは、フルートの音です。


もっといろんな表情の音を出せるようにしたいものです。
気がつくと、フルートでフルートっぽい音を出して越に入っていました。

オーボエ協奏曲を練習していたときは、フルートであの音色が出せないかと試行錯誤しました。

出るはずはないのですが、イメージしていると、出る音色が変わるのがフルートの面白さだと思います。


最近はそういうバカな取り組みもほとんどしていません。

フルートでフルートの音が出るのは当たり前で、フルートの音だけ鳴ってもつまらないのです。


CD を聞くと、また目指していたものが色々と思い出されます。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ