ここ最近ずっと聴き込んでいる曲です。



NAXOS で「フルート協奏曲」で検索して、ランダムに拾ったときにたまたま見つけた曲です。
最初に聴いたときに一発で聴き惚れました。この第 1 楽章はたまりません。

この疾走感のある曲は、C.P.E. バッハのフルート協奏曲とも近いものを感じます。

この曲を見つけるまで、ベンダという作曲家は全く知りませんでしたが、どうやら C.P.E. バッハやクヴァンツと同年代の人のようです。


NAXOS でも何人かのソリストの演奏を聴けますが、カデンツァが入っているようで、どの例も全く違う演奏を聴くことができます。


聴かせどころはやはり冒頭と後半に出てくる、5 小節に渡る長い一音です。

こんな曲をいつか演奏できるようになりたいものです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ