去年の夏頃にエントリーを書いた、ヴィヴァルディの室内協奏曲 (RV107) は、どうやら演奏者によっては「フルート協奏曲」として録音している場合もあるようです。

なるほど、なかなか見つからないはずです。
フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットでの演奏例が多いようです。


なんとなく調べていると、IMSLP に何と自筆譜(?)の写しが出ていました。

Concerto for Violin, Flute, Oboe, Bassoon and Continuo in G minor, RV 107

この楽譜を見る限りでは、楽器の指定がされているようです。

フルート協奏曲として考えると、今後取り組む曲として考えることに躊躇する必要はなくなりますね。

妻がヴァイオリンをやっているので、これは将来一緒にやってみたいものです。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ