しばらくサボっていました。
先日のレッスン記録です。

先日買ったテレマンの12のファンタジーをレッスンでも見てもらうことにしました。先生も有田先生にこの曲を教わったことがあるらしく、かなり濃く取り組めそうです。まだそれを受容できるレベルにありませんが。

アルテス5課。 5課は低音がテーマです。最近は平日にも何とか練習時間を確保するようにして、無練習で次のレッスンに臨むという状態をできるだけ回避しています。そのおかげか、4課のときよりもスムーズです。

それでも、ある程度うまく吹けていても一気に先には進ませてもらえません。内心、一定の練習ができていて調子のよいときは一足飛びに先に進みたいと思いながらも、調子によらず譜例を1つずつ確実に見てもらえることに感謝しています。

中音のソからレやドに下降するようなところで、必要以上に音程が下がってしまうため、意識的に音程が落ちすぎないようにすることを言われました。

テレマンのファンタジー。最初は1番目のイ長調から順にやろうと思っていたのですが、「好きな曲を選んでやった方がいい」と言われていたので、2番(イ短調)をやることにしました。やはり私は短調の方が好きなようです。2番は、この曲集の代表ではないかと思われる12番(ト短調)と似たような印象があります。

冒頭のGraveの部分を、すべてタンギングして吹けるようにすることが第1段階。
まだ楽譜上の音符を追いかけているだけのレベルなので、かなりの頻度で間違えてしまいます。



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ