これまでフルートを練習してきて、いろいろと問題は見つかりました。


今一番優先して克服しなければならない問題は、指でも楽器の持ち方でも音程でもなく、息の持続であることが改めて分かってきました。

実は意味の見いだせないロングトーンなどの練習をするのがいやで、今もまだ「吹いていくうちに息は長くなる」と信じています。

実際、以前よりずいぶん息が続くようにはなってきたので、これは間違いではありません。しかし、「次第に」長く続くようになるのであって、短期間で続くようになるわけではなさそうです。


息の使い方が下手なのか、単に息が続かないだけなのか、とにかく「タイスの瞑想曲」を吹くとかなり疲れます。清らかな旋律や官能を表現するなど、望めるレベルではありません。


血の味のしそうな練習はあんまりやりたくないんですが、決戦の日も近づいてきたので、少しくらいそういう練習もした方がよいのかもしれません。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ