フルートレッスン戦争記 第二幕 - 遊びで終わらせないための実践技術

なぜ私たちは、なかなかフルートの演奏技術が上達しないのか。うまくいかないのは練習方法にあるのか、それともレッスンにあるのか。その謎を解き明かしていきます。

譜読みの練習

スペインのフォリアの楽譜を読むことが、譜読みの訓練になってきました。


通勤時間や昼の休憩時間を使って、とにかく楽譜を追っています。階名で歌えるようになれば譜読みもかなり上達するということで、できるだけ階名を思い浮かべるようにしました。

まだまだ読譜能力が低いので、ちょっと音符が連続するともうスピードダウンしてしまいます。

とにかくたくさん楽譜を目にして、楽譜に慣れていく必要がありますね。レッスンでも主に楽譜を見るところで突然ストップしてしまったりするので、そのたびに歯がゆい思いをすることになります。


今日も練習しようと思っていましたが、あまり早い時間には出られなかったのでやめました。

明日はできるでしょうか。
レッスンの前の準備もしておかないといけないのですが・・・。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

スペインのフォリアに初挑戦

無謀にも、本日いきなりスペインのフォリアに挑みました。
用事を済ませた後、練習。レッスンとはまったく別に勝手にやっています。


とりあえずトリルやプラルトリラなどのない18番からスタート。この曲の中で私の最も好きな部分でもあります。

最初の1小節目で30分くらい格闘しました。中音のミから高音のシに移るところですぐに音が出せなくなるのです。早速新たな課題が見つかってしまいました。


続いて1番。1番も、こちらもあまり激しくない旋律です。
しかし、いきなり最初の小節から、低音ミ、ソ、シ、中音ミと音符が続きます。ミ、ソ、シは3つを1拍で吹き終わらなければなりません。


先に少し目を向けると、この1拍で吹くソ、シ、レがあります。レが入るとこのスピードではとても吹けそうにありません。

1フレーズだけでもまともに吹けるようになれば糸口が見えてきそうですが・・・。


簡単に旋律になるとは思っていませんでしたが、ここまで難しいとは思いませんでした。でも、好きな曲です。
必ず吹けるようになりたいものです。そう考えると、断然楽しい。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

最後までやる力5

数年前から私には備わっていないと思う力です。そして、ずいぶん前から最も欲しいと思っている能力でもあります。


今なぜ生き急ぐようにフルートに打ち込んでいるのかといえば、将来に渡って継続しているものが一つ欲しかったからです。

演奏技術上達の見通しはまだまったく分かりません。しかし、私はフルート演奏技術を将来大成させることを本気で考えています。

何か一つでいいので終わらせること、または現在に渡って絶えず続けているものが欲しいのです。
フルート演奏のレッスンと研鑽に終わりはないでしょう。


フルート演奏に飽きない自信はありますが、レッスンに飽きない自信はありません。単なるシュミに終わらせないためにも、今スピード感のあるうちに進めるところまで進んでおきたいものです。


フルートを通して今の人間性まで変えることができれば一番よいと密かに思っています。


人生の目標はかなりあいまいなくせに、フルート演奏の目標はきわめて具体的に設定できています。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

アクセス増加

このブログ、開始したときからlivedoorのブログ検索にも全然引っ掛からないので気になっていましたが、最近になってようやくアクセス数が増えてきました。

といっても、まだ数えられるレベルです。
それまでは数えられる数すらもアクセスがなかったということですね。


ブログのアクセス数アップの秘訣は、いろいろあっても最終的にはエントリーの充実なんだそうです。最近コンスタントにブログを更新しているので、その効果が出てきているのかもしれません。


タイトル通り、フルートの演奏練習の話題を中心に内容を充実させていきたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ

楽譜をひたすら読む

昨日購入したスペインのフォリアの楽譜を、今朝早速電車の中で読みました。高木綾子さんの演奏を聴きながら何度も追いますが、3番から途端にどこを吹いているのか分からなくなります。

演奏が速すぎてついていけないのです。


昼休みも夢中でこれを繰り返し追いました。
いくつかのピースは見つけることができましたが、まだすぐに見失ってしまうような状態です。

この曲は全部通すとかなり長く、25番まであります。
高木さんCDの演奏だといくつか間引かれているらしく、演奏時間は10分ほどです。まだどこが間引かれているのかすら分かっていません・・・。


私の好きなフレーズをしばらく探しました。どうやら18番がそうらしいです。

しばらくこれを追っているだけでいろいろと勉強できそうです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
フルート関連のブログ
Profile
Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ